1.値引き相場を知る

まず第一に当たり前の話ですが、その車種の値引きの相場がどれくらいなのかを知らなければ、交渉はうまく行きません。 たとえば、30万円までの値引きしかできない車なのに、「50万円引いてください」といくら言われてもディーラーの営業マンはどうすることもできません。逆に、値引き相場は40万円なのに、ディーラーの提示額が20万円しかなければまだまだ値引きを引き出せるので交渉をつづけるかやめるかの目安にすることもできますよね。

当サイトの値引き価格相場を参考に、上限の値引き価格をまずは知ってください。もちろんディーラーや条件によって値引き額の上下は有りますが、この値引き平均を目安に価格交渉を進めてください。

2.相場いっぱいの値引きを引き出す

相場を知ったら次にやることは、「出来る限り相場目一杯の値引きを引き出す」交渉です。ここで重要なのは、「相場目一杯」を狙うことで、「相場以上」を狙ってはいけません

営業マンも人間です。営業成績もあればノルマもあります。
値引き交渉をするときは、「これを言ったら営業マンがどう思うか」を考えなければいけません。

値引き相場相応の値引き要求なら、営業マンも当然のことと捉えてくれますが、相場以上の値引きを要求してしまえば「何言ってんだこの客?馬鹿じゃないの?」と声には出さないまでも思ってしまいます。

あなたの戦う相手は営業マンではなく、その営業マンの上司や支店長など、決済権のある人(偉い人)です。営業マンは、決済権のあるえらい人から値引きを引き出す伝書鳩だと考えてください。

車が売れれば営業マンだって嬉しいし、値引きしても営業マンの腹は痛みません(自腹の例外はたまにありますが)ので、多少値引きしても売りたいのは営業マンも同じです。だから、営業マンが味方なって上司を説得してくれるよう、上から目線ではなくきちんと相手を尊重した交渉を心がけてください

交渉のコツとしては、以下の三点を踏まえるとうまく行きやすいです

3.マイカーを高く売ることで実質値引きを最大化する

「値引き」ばかりに目が言ってしまいがちですが、車を安く買う方法で一番効果的なのは実は「下取り価格を高くする・高く売る」ことです。

最大限まで値引きを引き出しても、どうしても予算内に収まらない、なんてことありますよね。それでもこの車がほしい。
そんなときにオススメなのが、「今乗ってる車を下取りに出さずに専門業者の一括買取査定出す方法」です。

新車販売ディーラーの場合、中古車の買取は「顧客サービス」という位置づけの場合が多く、 買い取った中古車を再販売してさばく手段をあまり持っていないケースが多いため、ディーラーの下取りではなかなか下取り価格が高くなりにくい傾向があります。

そこでオススメするのが、「 一括見積もりサイト でまとめて見積もり依頼する」方法です。

一括見積りサイトなら、複数の中古車買い取り業者が買取価格を提示してくれるので、一番高い金額で買い取ってくれる中古車買取業者に売ることができます。

この金額は、大抵の場合ディーラーの下取り価格よりも高くなります。

賢く車を買い換えたいなら、ぜひ 一括見積もりを活用してみてください。