使用目的が変わったら、保険料金も変わった

「自動車保険一括見積り」という仕組みができた初期のころからずっと使っています。それまでは、保険会社に電話をして見積もるか、代理店に行って見積もるか、少し進んだ会社の場合はネットで見積もるか、でいずれにしても1社ごとの話でしたので、非常に面倒でした。ですので、これができたときには、非常に便利になったものだと思いました。それからもう10年以上前からの話です。

最近は、だいたいSBI損保を最終的に選んでいました。SBI損保が1番安く、だいたい年間で3万円程度でした。その時の条件が、使用目的がレジャーで週に1回程度の乗車、年間の走行距離が5000km以下というものでした。

しかし、最近仕事が変わって、事務所が遠くなったので、会社に車で行くようになりました。また取引先の会社も不便なところが多くなったので、そこにも車で行くようになりました。そういう状況で、保険を更新しようとやはり「一括見積り」をしたところ、軒並み5万から6万の金額になりました。まさに倍です。

SBI損保も45000円程度になりました。これではどうしようもないなと、一括見積りで上がってこなかった会社の見積もりも、その会社のサイトに行って見積もっていたところ、最終的にチューリッヒが4万円程度で出て来ました。これは今までよりも3割増しの金額ではありますが、それは条件の変更で仕方がないことなのであきらめ、出てきた見積もりのうち最安値のこの会社に決めました。
使用目的が変わると保険料も変わるのだと、つくづく感じました。

この記事がオモシロイと思ったらシェアしてね!

今後の更新情報を受け取ろう!!


Comments are closed.

人気車種の新車値引き価格情報