値段だけじゃなく、ロードサービスの有無なども具体的に検討

ネット系の自動車保険会社をインズウェブと各自動車保険サイトのサービス内容で比較して最終的にソニー損保に決めました。特約条件は平均的なものを付けているだけだと思います。

完全に同一の特約条件とし、最後に比較対象として残ったのは、ソニー損保、アクサダイレクト、チューリッヒでした。
この時点で対象外となったのはイーデザイン損保、損保ジャパン。

主な特約の差ですが、イーデザイン損保は人身傷害の特約を付けると高いようで8000円以上の差があったこと、損保ジャパンは車両保険のランクが上がると高いようで6000円以上高くなりました。

残った3社は特約の条件は全く同じで5000円以内の価格差でした。価格はソニー損保が一番安く、次がアクサダイレクトで3000円差、チューリッヒが5000円差でした。

あとはサービス面が差額の価格に見合っているかを比較しました。
ロードサービスではチューリッヒが一番充実していて、ソニー損保はレッカー移動の距離のみ、アクサダイレクトはバッテリー上がりに制限あるという違い程度でさほどの違いはありませんでした。

最終的にソニー損保が価格が一番安くロードサービスも1点のみの差だったので最終的にソニー損保に決めました。
見積もった中で同じネット系でも最安のソニー損保と一番高いイーデザイン損保との差は8000円あり、多くの見積もり会社を比較して良かったと思います。

この記事がオモシロイと思ったらシェアしてね!

今後の更新情報を受け取ろう!!


Comments are closed.

人気車種の新車値引き価格情報