面倒がらずに保険の見直しをした方がいいな

自動車保険の更新の時期が近付いて、現在契約している保険会社から更新のお知らせが。
去年1年間は事故を起こしていないのだがその前年は更新手続きを早々と済ませた直後に大雪で事故に遭い、保険を使っているため等級が下がって保険料も上がっていた。
長年ペーパードライバーだった主人が運転するようになったので、なんとなく車両保険はかけておきたいのでどうしても保険料が高くなる。
今年は私も産休・育休に入って世帯収入も下がるので自動車保険もこれを機に見直ししようと思い立ち、インズウェブを使って一斉に見積もりを出してみた。

だが、一斉見積の不便なところは車両保険の付帯ができないところ。
恐らく少しでも安さを際立たせるためなのか、しぶしぶ一斉見積の結果から気になった数社を各々に見積もり計算してみた。
セゾン自動車保険のおとなの自動車保険、最近テレビCMで気になるイーデザイン損保、チューリッヒと現在契約中のSBI損保を継続した場合の4社を比較検討してみた。

当時加入していたSBI損保は車両保険も含めて継続すると65,000円強の金額に。ノンフリート等級6Fなので致し方ないのだか、少しでも安くならないかと他社を比較検討。
おとなの自動車保険もイーデザイン損保も車両保険を付帯させるとやはりどちらも60,000円の大台は超えてしまう。やはりこれは致し方ないのかと思いつつもチューリッヒで見積もりをかけてみると意外や50,000円台の結果に。
結局、現行のSBIより1万円まではいかずともそれに近い金額がコストを抑えられそうなので今年は初めてチューリッヒを契約

どうも見積が面倒なのと、どこも保険会社は一緒だろうとここ数年SBI損保をそのまま契約してきたが、時には保険も見直しが必要なんだなと思い知った。

この記事がオモシロイと思ったらシェアしてね!

今後の更新情報を受け取ろう!!


Comments are closed.

人気車種の新車値引き価格情報