母名義の家族だれでも適応されるプランと、わたしの新規のプランを比較しました

比較したのは、
・今まで入っていた自動車保険(親戚が保険会社で、わたし・父・母もこちらにはいっている)
・旦那の会社で新しくできた自動車保険(社員割引有)
で、結果は「そのまま維持」で現在も継続中です。

わたしの親戚が保険会社に勤めていたので、自動車保険は、今までそちらで、母の名義で入っていました。
あるとき、旦那の会社で自動車保険に入れるキャンペーンが始まったと聞き、丁度その時期に保険が満期を迎えたため、お見積りを取りました。
結果は、7万円以上も高く、そのまま維持という結論にいたりました。
なぜ金額に大きな差があったのかというと、今まで入っていた自動車保険では、母の名義で、家族だれでも適応されるプランになっており、また10年以上入っていたため、ランク(等級)も1番上のものになっていました。また、母の年齢は50代でした。

一方、旦那の会社の自動車保険は、本人が加入するため、20代のわたしで、新規加入ということもあったため、金額に大きな差がでておりました。家族のだれが乗っても保険が適応されるというもので、長年付き合いのあるところがあると、乗換えは考えられないというのが現状です。

この記事がオモシロイと思ったらシェアしてね!

今後の更新情報を受け取ろう!!


Comments are closed.

人気車種の新車値引き価格情報