新型ヴェルファイアの最新値引き金額相場

ヴェルファイアのフロント画像
ヴェルファイアのリア画像
ヴェルファイアのインパネ画像

※画像は旧型や海外版の場合が有ります ※画像提供:カーセンサーnet

グレード 地域 車両値引き オプション値引き 合計値引き金額 -
ヴェルファイア
Z(2・5)
大阪府近畿 - 円 - 円 39万円
ヴェルファイア
Z A
東京都関東 - 円 - 円 28万円
ヴェルファイア
Z
中部愛知県 10万円 - 円 10万円
ヴェルファイア
Z A
東京都関東 - 円 - 円 25万円
Z A エディション 四国香川県 10万円 - 円 10万円
Z A エディション 中部静岡県 5万円 10万円 15万円
平均値引き相場: 21 万円
6件の平均

あなたのご協力が必要です!値引き金額を教えて下さい!

このサイトの値引き金額情報は、皆様からのご協力で成り立っています。
参考になったと思われた方は、今度はあなたがみんなを助ける番です。

ぜひ、こちらから値引き情報を投稿してください!

新型ヴェルファイアの値引き額を最大にして車を購入する方法

同じ車を買うなら、少しでもやすく買いたいですよね。最大限の値引きを獲得するためには、知って置かなければいけないこと/やらなければいけないことが3つあります。

下取りに出すよりオススメ!一括査定サイト

中古車一括買取査定ランキング1位
▼こちらをクリック▼

かんたん車査定ガイド(無料)
▲こちらをクリック▲
中古車一括買取査定ランキング2位
▼こちらをクリック▼
ハリアー
カービュー愛車無料一括査定(無料)
▲こちらをクリック▲

ヴェルファイアの価値

今回フルモデルチェンジをし、エンジンラインナップを2500ccと3500cc、そしてハイブリッドと取り揃えてきています。

この車の大きな魅力は、最新の快適装備もあるのですが、やはり室内空間の広さと多彩なシートアレンジ、また今回のモデルには世界初の助手席のスーパロングスライドなど、乗車する人に対する快適な空間の提供を図る造りとなっている部分ですね。また、室内空間におけるパネルのデザインやその他色合い、上質感などはさすがにトヨタです、これ以上の内装を提供している自動車メーカーはありません。

また、性能や質感以外にも、この車には大きな魅力があります。それは、将来の資産価値、いわゆる査定価値が高く残ると言う部分です。これはヴェルファイアだけに限らず、トヨタ車全体的に言えることなのですが、新車を購入して3年後5年後7年後に残る残価率が非常に大きいのが特徴です。
要は、リセールが効きやすいか否かによって、査定価格は変わると言うことです。ここが高く保証されると、残クレで購入する場合の月々の負担は大きく削減できますし、現金購入の場合にも将来お金が帰ってき、実質の負担部分を大きく削減することができます。

新型ヴェルファイアに関するユーザーからの口コミ

見た目のカッコよさと車内空間の広さが一番の魅力

モデルチェンジをした面構えは以前にも増して迫力のあるものになっている。さすがトヨタのヴェルファイア。

小さい子供がいるファミリーにも、若者にも、年配の方にも、年齢を問わず人気があります。
ヴェルファイアの良さと言えば、見た目のカッコよさと車内空間の広さだと私は思います。
私には小さい子供がいますが長距離のお出掛け中だとどうしても車内でオムツを替えなければいけないような事が在ります。
狭い空間でオムツ交換をすることって身動きが取りづらいので、シートを汚さないようにしたり、座席から落ちないようにしたりと、想像以上に大変なのです。
そのためオムツを交換せず帰るまで泣かせっぱなしになってしまう事もあったりして子供には嫌な思いをさせてしまう事があるのです。

しかしヴェルファイアのような広々とした車内空間だったら面倒になることも、困ることもないでしょう。
ミニバンだとファミリー向けのイメージが強く、嫌がるお父さんたちもいると思いますが、このヴェルファイアは、見た目もラグジュアリーでオシャレ、車内も広々。
次はヴェルファイアで決まりです。

脚を伸ばせて快適

まず、助手席で足を伸ばせる設計になっているのが素敵です。

友人の車で5時間近くもかかる遠出をした時に、ずっと助手席に座っていました。足を伸ばすことができないために、足に大きな疲れを感じてしまいました。しかし、新型ヴェルファイアの助手席は違います。この車を購入して、彼女を快適なドライブに誘うことが私の憧れです。「ゆっくり足を伸ばしてくつろいでよ。」などと言ってみたいものです。

また、試乗させてもらった経験があるのですが、シートの快適さに驚きました。セミアニリン本革シートというものを使っているため、上質な肌触りなのです。まるで家のソファでくつろいでいるのではないかという感覚でした。このシートに座っていれば、5時間を超える遠出の際も、快適なはずです。また、シートサイズもゆとりあるものでした。

小さい子供がいるのだが実家に帰るなどの遠出をしなければならないという人にもピッタリなのではと思います。とにかく、快適性という点で素晴らしいのです。

確かに魅力的だけど、金額をもう少し考えてほしいね。

格好の好き嫌いはそれぞれですが、とりあえず私好みであることには間違いないですね。昔からアルファードよりも若者向き、といった感じでしたので、それを踏襲したようです。

それよりも、個人的に今回はテクノロジー系の方に期待しています。パノラミックビューモニターは運転の苦手な私にぴったりですし、駐車も楽そうです。パーキングアシストが優れているようで、なんか何もしなくても車が止められそうなのが良いですね。

それからレーダークルーズコントロール。前の車を追従してくれる装置ですが、これって高速道路等が楽そうですね。ただ、運転していて何となく眠くなりそうな気がしてしまうのは私だけでしょうか?

強いて言うなれば、あの価格を何とかしてほしいものです。最安で320万円程度ということで、それでも色々付けてしまえばそれなりの金額になります。値引きとオプション、税金で400万円いくかと思います。

まあ、あのクラスの広さを求めるのであれば仕方のないことかもしれませんが、せめてエスクァイア位の金額の設定も欲しいですよね。

安全装備と低燃費が魅力

トヨタが現在、精力的にコマーシャルをしているヴェルファイア。
先日、試乗会に行ってきました。
一言で言うと
「こだわりと完成されたレベルの車」
というのが印象的でした。
ミニバンというカテゴリーの中でも、走りにゴージャスさを加えたと言っても過言ではないでしょう。
驚きはドライブのアシスト性です。
最近の車は当たり前なのかもしれませんが、オートパーキングとでも言うのでしょうか。
停めたい駐車スペースに自動で停めることができるのが、ドライバーにとっては魅力の1つかもしれません。
あれだけのボディサイズの車を難なく停めることができるのであれば、主婦でも運転が楽になるかと思うからです。
また、ハイブリッド車になると、低燃費であることも大きな魅力です。
エコと叫ばれている時代に、当たり前かもしれませんが、ヴェルファイアはその点もしっかりと快適性と経済性を両立できた車だと思います。
興味深いことは元々、第一世代のヴェルファイアオーナーも、新型に乗り換えると言った動きがあることです。
一度、魅力にハマると魅了されて止まない車かもしれません。

エルグランドはハイブリッドが無いからなぁ・・・

今私はセダンに乗ってるんですけど、そろそろワンボックスが欲しいなと思っています。家族が増えたので、定員的にも多い方が良いんですよね。

で、ちょっと検討してみたんだけど、ヴェルファイアっていいですね。アルファードじゃダメなのかって言われそうですが、やはりあの顔が良いんですよね。

そして何よりと言ってもいいと思いますが、ハイブリッドが良いですね。燃費もリッター19キロ位だそうですし、お財布に優しいのが良いですね。

見た目だけで言うと日産のエルグランドもいいんだけど、あれって今の所ハイブリッドが無いんですよね。ということで燃費もリッター10キロ前後。チョット遠出も出来ませんよね。

とはいえ、ハイブリッドの値段がちょっとお高めです。まあグレードを下げることでお得感もありますし、その後の事を考えると逆にお得かもって思います。

やはり車も見た目勝負ですよね。やっぱりモデリスタとかのカスタマイズ系も候補に挙がるかなと。考えてるだけでも幸せになります。

カタログ観てると段々と欲求が高くなるので、この辺でとりあえず止めておきましょう。

力強さに世界初の先進装備をプラスしたヴェルファイア

LLクラスのミニバンならやっぱりトヨタのヴェルファイアを選びます。
エクステリアが力強さを押し出していますし、それに見合ったパワーは魅力的です。

そして新型ヴェルファイアは世界初のシステムが多く採用されているんです。例えば助手席ロングスライドシート。2列目以降も広いんですが日産エルグランドなどは助手席はイマイチという場合が多いので、最大1160mmもスライドできるなんて嬉しいです。

次に収納力。これも世界初の床下収納設備で他にはない実用性です。
さらに運転のしやすさも見事なほどで、またまた世界初のシースルー機能が付いたパノラミックビューモニターを採用しています。これなら縦列駐車だって安心できますし、元々ヴェルファイアは小回り性能も高いのでより扱いやすいです。

最後に燃費の点でもベルファイアは優れています。
たとえば、エルグランドは現行版でリッター最大9.4キロ程度の燃費ですが、ヴェルファイアはハイブリッド仕様もありリッター最大19.4キロと低燃費です。

LLクラスのミニバンは快適性に先進装備をプラスしたトヨタの新型ヴェルファイアに決まりですね。

電気式サイドブレーキがうれしい

「トヨタ・ヴェルファイア」は先日フルモデルチェンジしましたが、以前私は旧型ヴェルファイアに乗っていたので早速試乗に行ってきました。

まず車に乗ってみて驚いたのが、インテリアの質感が大幅に向上している点です。シートの座り心地も以前よりも硬めになり、よくそんなにボディサイズが大きくなったわけではありませんが、広々した感じがとても気に入りました。
そして以前のヴェルファイアは足踏み式のサイドブレーキでした。これはブレーキペダルの左側のペダルを踏むとサイドブレーキがかかり、もう一度踏むと解除されるというものですが、私はこれが嫌いでした。これは多くのトヨタ車に採用されていますが、ペダルが邪魔であまり落ち着かないと思っていました。
この点新型は電磁式に変更されています。

最近の輸入車はこの電磁式がほとんどで、スイッチでサイドブレーキが操作できてとても便利ですが、トヨタ車もついに電磁式になったのか…と少しうれしくなりました。

デザイン性の優れ、安全装備も充実の高級ミニバン

トヨタの新型ヴェルファイアは非常にデザイン性が優れていると感じております。そして特にデザイン性で優れていると感じているのは、押し出し感の強いフロントグリルだと思います。

このフロントグリルは旧モデルに関しても良い印象を持っていたのですが、新型になりましてより洗練されてスタイリッシュな印象を持っております。さらに旧モデルとの比較になるのですが、ハイクラスな高級感がより増したように思いますし、様々なメディアでのレビュー記事におきましても同様に極上の高級感を評価しております。

それから安全装備が豪華となっている点も気に入っておりまして、トヨタならではの高い先進技術の粋が組み込まれているのではないでしょうか。特に危険回避に大変効果的とされるハイテク装備が採用されておりますので、長距離や長時間運転時におきましても非常に安心を感じることができます。

このハイテク装備の中でも駐車をサポートするハイテクシステムに大変興味がありまして、試乗車で試してみたいと考えております。

装備充実で満足できる車

ヴェルファイアの一番の特徴はとても広くて、まるでリビングにいるかのような車内の広さだと思います。ただ、その広さなので、車体がでかくなっていて狭い駐車スペースでの駐車に苦労すると思います。

セダンのような高級感のあるシートがいいですね。

そしてなにより外観がカッコいいです。街を走っていたら思わず見てしまうほど目立ちます。なので所有者は優越感を味わえます。

乗り心地は足回りがいまいちなので、悪路での走行時に乗り心地の悪さが目立ちます。乗り心地を追求するなら足回りの交換をした方がいいと思います。

ですが雪道での走行ではトラクション能力がFFよりもずっと上なので、凍結した滑りやすい路面の走行でも安心感があります。燃費の方はあまり良くないと思います。しかし両側電動スライドドア・パワーバックドア・電動オットマン付きパワーシートと装備が充実しているので、総合的に良い車だと思います。

さすが高級車な乗り心地

私はヴェルファイアに乗ってみて思ったことは、とにかく乗り心地が良いということです。
前の型もよかったですが、今回の新型はさらに乗り心地がよくなっているように感じました。
片道7時間の遠出をしましたが、とにかく疲れにくいし、振動や騒音なども感じられないという点が感動しました。
また、燃費もかなり良くなっており、給油回数がとにかく少なかったように感じます。
高速道路での加速も満足ですし、6人乗っていましたが坂道でもスムーズに加速をしてくれたので、運転していても苦痛を感じませんでした。
外観は正直前回の型の方が、個人的に好みでしたが、内装は当然ながら今回の方がグレードアップしています。座り心地も完璧で、ゆったりくつろげるようになっていました。
また、トヨタの売りにしている高級感も感じられます。特にデザイン面では、フルモデルチェンジだけあって、フロントグリルなどもかなり変化しています。
価格の面では、高級なだけあってなかなかすぐに手が出せる価格帯ではないように感じます。

とにかく見た目がかっこいい

ヴェルファイアは新しくなるごとに見た目がカッコよくなって、男らしい車だなと思います。

 

とにかく見た目の力強さというものを感じますし、色も男の人が好きそうなものばかりで、男性が乗っていると凄く見栄えがよくなりそうな気がします。その上内装や車の性能も向上しているので、最近のヴェルファイアには凄く好感が持てます。

ただ値段が高い部分だけは気に入らない所です。

ミニバンとしての性能は凄くいいものを持っていて、結構燃費もいい方なので使いやすそうな感じがあります。

もっと安い金額で買えるようならいいのですが、最近のヴェルファイアはそう簡単に安く買えないので、なかなか手を出しづらい所があります。
見た目はとにかく好きで、街で走っている姿を見るとつい目を取られてしまうような感じです。私は最近発売されているパープル色が大好きで、凄く見た目に合って良いなと思います。

ハンドリング・インテリアの質感すべてが向上!

「トヨタ・ヴェルファイア」が先日フルモデルチェンジしましたが、以前私は旧型のヴェルファイアに乗っていたので、試乗に行ってきました。今回私が試乗したのは2.5リッターエンジンにモーターがついたハイブリッドモデルでしたが、旧型に比べると全く違う車になっていてちょっとびっくりしました。

まず車に乗り込んだ時インテリアの質感が向上していて驚きました。また足踏み式のパーキングブレーキも廃止され、電気式が採用され高級車になったなあ・・・という感じでした。

走り始めると、かなり静かな車になっていることにまた驚きました。ハイブリッドなので当たり前ですが、静かなのにパワーがあり「これはいい!」と思いました。

またハンドリングも向上していて旧型に比べるとかなり運転しやすくなっているのが印象的でした。サスペンションは少し硬めになっているのに乗り心地は良くなっているような感じでした。リアサスペンションの構造が変更されたのが理由らしいですが、とても気に入りました。

すべてが高い次元で実現している最適の選択

ヴェルファイアの魅力はそのスタイリング。一目見た瞬間から伝わる迫力あるフロントグリル。さらにスタンダードとエアロバージョン好みに合わせて選択出来ることも嬉しい。

また、広い室内空間は質感を高めた装飾や、快適なドライブを支えるシートの機能性など、乗る人の事を考え抜いたおもてなしの心を感じ取ることが出来る。

走りも大きなボディではあるが、新開発のリアサスペンションによって走りの質や、乗り心地などが向上している。また、環境性能に関しても前モデルに対して燃費性能が向上していることなど、全てにおいて進化している。見た目がカッコよくて、室内は快適、経済的で走りも良い。

ここまですべてを高い次元で実現していることを考えると、家族を持つ人には最適の選択といえるのではないか。高級ミニバンとして求められるパフォーマンスと共に、迫力のあるフロントデザインにより、カッコイイ大人の求めたミニバンの答えがヴェルファイアであると私は思う。

値段は高いが満足感は有り。

ヴェルファイアのZGエディションを試乗してきました。

外観は気に入りました、昔からイカツイ車が好きだったのですが、あまり派手になると困りますが適度な重量感と存在感の、あるデザインは良いです。ノーマルタイプとエアロタイプが、ありますが、やはりエアロタイプを選んでしまいそうです。
内装は前車に比べると、かなり高級感は増しています、しかし、この値段帯では他社に比べると少し見劣りしてしまうかもしれません。

シートのホールド感とメーターなどの視認性と室内の、ゆったりした感じは良いです。
乗り心地は安定していて、とても静かです、とは言ってパワー不足かと言えば、そんなことは無く信号からの発進でも、しっかり加速してくれますレースをするわけではないので、これ位で十分満足です。
装備なども充実していて安全性も上がっています、いろいろな機能が装備されているため走行中のみならず駐車場などでの事故の確率も格段に減ると思います。
値段的には高い方だと思いますが、それだけの満足感は得られると思うので今回の試乗で欲しくなりました。

燃費は魅力的、だけどデザインは好みじゃないです・・・

キャッチなプロモーションビデオも話題になり、今人気の新型ヴェルファイア。
先代ヴェルファイアはトヨタのフラグシップミニバンとして申し分ない水準でしたが、今回性能、乗り心地、燃費など更に向上した様ですので、上級ミニバンを狙う方にとっては、引き続き人気となりそうな感じがします。
特にハイブリットモデルの燃費19km/Lはかなり魅力的に感じます。

このクラスの車のネックとなるのはやはり燃費になっていたわけですが、この大きさでこの燃費性能はかなりのバリューポイントとなるのではないでしょうか。

一つ気になるとすればデザインです。先代はスポーティで若者向けの雰囲気を上手く醸し出ていましたが、今回は大胆にメッキ加工したフロントマスクなどやり過ぎの様な感じも否めません。いくら若手向けと言ってもこのクラスのミニバンを買うのはそれなりの年齢層になってくるかと思うので、このデザインがウケるのかが少々疑問です。
とはいえデザインはそれぞれの方で感じ方は違うと思いますし、それ以外は優秀な点を多く感じるヴェルファイアは意外と売れるのではないでしょうか。

旧型オーナーですが乗り換えも検討

私は以前旧型ヴェルファイアに乗っていたので、新型が登場したと聞いて早速ディーラーに試乗に行ってきました。新型ヴェルファイアにはハイブリッドモデルが追加されて、これが結構人気で納車までには結構時間がかかるようです。

乗り込んで早速スタートしてみます。ハイブリッドカーなので走り始めはモーターですが、いつエンジンがスタートしたのかわからないくらい、静かでちょっとびっくりです。また旧型はハンドルが軽くてちょっと頼りない感じでしたが、新型はしっかりしていて安心して運転できます。サスペンションは少し硬めになったのか、キビキビ走りますが乗り心地はかなり向上しているようで旧型と比べても3割くらい乗り心地は良くなっているような感じがしました。
また燃費もかなり良くなっているようです。旧型は高速道路でもかなり気を遣って運転しないとリッターあたり10㎞を越えませんでしたが、ハイブリッドは一般道でも楽々10㎞を越えて高速道路だと15㎞以上走行できるらしいです。

ヴェルファイアの値引き額を最大にして車を購入する方法

同じ車を買うなら、少しでもやすく買いたいですよね。最大限の値引きを獲得するためには、知っておかなければいけないこと/やらなければいけないことが3つあります。

▼  ▼  ▼

オススメの中古車一括買取査定サイトランキング!!

中古車一括買取査定ランキング1位かんたん車査定ガイド(無料)

東証第一部上場の株式会社エイチームが運営する一中古車括買取サイトが「かんたん車査定ガイド」です。信頼できる50社以上の買取業者の中から、あなたに最適な最大10社への一括査定依頼ができます。エイチームは引っ越しの一括査定「引越し侍」なども運営しており、一括査定サイトとしては業界最大手なので、安心してご利用いただけます。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング2位カービュー愛車無料一括査定(無料)

皆さんおなじみの車情報SNSのみんカラを運営しているカービューの愛車無料一括査定サイトです。ガリバーやアップルなどの中古車買取業者の中から、あなたにあった買取業者を厳選し、最大8社からの買取金額の見積もりを受けられます。これまでに380万人が利用しているので、安心ですね。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング3位ズバット車買取比較(無料)

「ズバット車買取比較」は東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーが運営。かんたん車査定ガイドよりも協賛買取業者の数が多く、150社以上の中から、エリアや条件に合わせ、最大10社へ査定依頼が可能です。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

あなたのご協力が必要です!値引き金額を教えて下さい!

このサイトの値引き金額情報は、皆様からのご協力で成り立っています。
参考になったと思われた方は、今度はあなたがみんなを助ける番です。

ぜひ、こちらから値引き情報を投稿してください!

オススメの中古車一括買取査定サイトランキング!!

中古車一括買取査定ランキング1位かんたん車査定ガイド(無料)

東証第一部上場の株式会社エイチームが運営する一中古車括買取サイトが「かんたん車査定ガイド」です。信頼できる50社以上の買取業者の中から、あなたに最適な最大10社への一括査定依頼ができます。エイチームは引っ越しの一括査定「引越し侍」なども運営しており、一括査定サイトとしては業界最大手なので、安心してご利用いただけます。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング2位カービュー愛車無料一括査定(無料)

皆さんおなじみの車情報SNSのみんカラを運営しているカービューの愛車無料一括査定サイトです。ガリバーやアップルなどの中古車買取業者の中から、あなたにあった買取業者を厳選し、最大8社からの買取金額の見積もりを受けられます。これまでに380万人が利用しているので、安心ですね。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング3位ズバット車買取比較(無料)

「ズバット車買取比較」は東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーが運営。かんたん車査定ガイドよりも協賛買取業者の数が多く、150社以上の中から、エリアや条件に合わせ、最大10社へ査定依頼が可能です。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

そのまま下取りに出したら、損するかも・・・? あなたの車の価値はいくら?無料査定!