新型アクアの最新値引き金額相場

アクアのフロント画像
アクアのリア画像
アクアのインパネ画像

※画像は旧型や海外版の場合が有ります ※画像提供:カーセンサーnet

グレード 地域 車両値引き オプション値引き 合計値引き金額 -
アクア
S
滋賀県近畿 5万円 33万円 38万円
アクア
S
千葉県関東 18万円 8万円 26万円
アクア
X-URBAN
宮城県東北 10万円 15万円 25万円
アクア
S
埼玉県関東 15万円 35万円 50万円
S 東京都関東 15万円 5万円 20万円
G 中部静岡県 20万円 5万円 25万円
X-URBAN 大阪府近畿 20万円 15万円 35万円
S 中国山口県 16万円 14万円 30万円
X-URBAN 東京都関東 5万円 15万円 20万円
G ブラックソフトレザーセレクション 石川県 30万円 - 円 30万円
G ブラックソフトレザーセレクション 静岡県 15万円 10万円 25万円
G G's 熊本県 20万円 5万円 25万円
G ブラックソフトレザーセレクション 愛知県 25万円 - 円 25万円
S 愛知県 15万円 15万円 30万円
S 栃木県 15万円 - 円 15万円
S 神奈川県 10万円 15万円 25万円
G ブラックソフトレザーセレクション 北海道北海道地方 20万円 5万円 25万円
S 大阪府 30万円 - 円 30万円
S 茨城県 30万円 10万円 40万円
S 千葉県 15万円 10万円 25万円
G 愛知県 10万円 15万円 25万円
平均値引き相場: 28 万円
21件の平均

あなたのご協力が必要です!値引き金額を教えて下さい!

このサイトの値引き金額情報は、皆様からのご協力で成り立っています。
参考になったと思われた方は、今度はあなたがみんなを助ける番です。

ぜひ、こちらから値引き情報を投稿してください!

アクアのグレードと価格は?

アクアのグレード別の価格は以下の通り。

グレード 燃費 価格(税込)
X-URBAN 33.8km/L 2,100,109円
G ブラックソフトレザーセレクション 37.0km/L 2,090,291円
G 37.0km/L 2,007,818円
S 37.0km/L 1,887,055円
L 37.0km/L 1,761,382円
G’s 2,431,963円

(2016年2月の情報です)

 

アクアのグレードの選び方

ドライブミークレイジー編集部のオススメグレードは?「アクアG」

一番オススメのグレードとしては、やはりアクアGがバランスもとれていておすすめです。
安全装備のToyota Safty Sense Cや、高速の長時間走行も楽なクルーズコントロールが標準装備されたこのグレードが必要十分な装備がセットになっていてお買い得なグレードです。スマートエントリーをお好みを追加すれば大きな不満は出ないと思います。

以下、他のグレードも含めて詳しく紹介しますね。

最安グレードLは選択肢から外すべし

Photo By toyota.jp

Photo By toyota.jp

アクアの中で一番値段が安いのはLグレードですがタイヤのサイズが14インチと小さかったり、ハンドルのシルバー塗装がされていなかったりとコストダウンが多く目につくため、内装がチープに感じる部分が多い印象です。

一番致命的なのは、シートの調節が前後のみしか動かず、上下移動が出来ない事。これはドライビングポジションを調整しにくいため、「運転しにくい」と感じてしまうことが増えるかもしれません。シート調整は意外と見落としがちなですが、地味にイライラが募る部分ですので、ご注意下さい。

アクアLの手動式ウィンドウ Photo By toyota.jp

アクアLの手動式ウィンドウ Photo By toyota.jp

また、リアウィンドウの開閉は昔懐かしい手動で回転させる方式です。おそらく、トヨタ的にもLグレードはあまり一般には売るつもりもなく、最低価格を安く見せるため+とにかく安く買いたい法人の営業車向けという位置づけだと思います。選択肢からは外れした方が良いかと。

現実的に選べる最安グレードのS。安く抑えたいならこのグレード。

アクアLの手動式ウィンドウ Photo By toyota.jp

アクアSのブルーブラック内装 Photo By toyota.jp

もう一つ上のグレードのSだと、シートの上下調節も出来るようになりますし、リアウィンドウもパワーウィンドウになります。
Lグレードと同様に、Sは自動ブレーキのToyota Safty Sense Cがオプションとなりますので、安全装備にこだわりたい人はもう一つ上のGを選んだほうが良いですが、安全装備は重視せず、安く抑えたい方はSでもいいかもしれません。
多少チープさは残るものの、内装色がブルーブラックになり、インパネにピアノブラックの加飾が入るなど最低限のクオリティはありますので、こだわらない方・予算を抑えたい方はSでもいいと思います。S以上のグレードだとタイヤは15インチになります。

ブリリアントレッド内装 Photo By toyota.jp

ブリリアントレッド内装 Photo By toyota.jp

また、注文時に指定すれば、ブリリアントレッド内装も選択が可能です。この色だと、シートはレッドとホワイトのツートンカラーになってオシャレです。

Toyota Safty Sense Cが標準装備されたGグレード

2015年の小改良でアクアにも自動ブレーキのToyota Safty Sense Cが搭載されました。GグレードとX-URBANには標準装備となっているので、安全装備もバッチリ。

落ち着いた印象の標準グレードGの内装 Photo By toyota.jp

落ち着いた印象の標準グレードGの内装 Photo By toyota.jp

シートはファブリックではありますが、スエード調の加工がされているので、LやSのような安っぽさはほとんどなくなっています。

また、Gグレードのみクルーズコントロールも標準装備なので、高速道路での長時間走行が多い方は長距離ドライブでも疲れづらく、此のグレードがおすすめです。

G ブラックソフトレザーセレクションは革シート+スマートエントリー標準装備でお得

Gグレードにはもう一つブラックソフトレザーセレクションというグレードがあり、これはGの装備+合皮シート+スマートエントリーが装備されたグレードです。Gグレードに+8万円程度でこの装備なので、お得感はありますが、お好みで。

人と同じは嫌だ、というあなたはSUV風のX-URBANを

個性的なX-URVANのフロントマスク Photo By toyota.jp

個性的なX-URVANのフロントマスク Photo By toyota.jp

X-URVANのリアも活発なSUV風 Photo By toyota.jp

X-URVANのリアも活発なSUV風 Photo By toyota.jp

アクアはやはり超人気車種ですし、街中でもかなり見かけます。駐車場で両隣がアクアだった、なんてこともよくあるはず。人と同じ見た目は嫌だな、と思う方はこのX-URBANがオススメ。X-URBANならタイヤが15から16インチにサイズアップして、全高も1490ミリと少し上がり、SUVっぽい雰囲気になり、個性的な見た目に変わります!また、他グレードと違い、スチールホイールではなく標準でアルミホイールになっています。ホイールキャップだと通にはダサく見えちゃいますから、拘る人に。

ただし、デザインにこだわっている分燃費は少し落ちて33.8km/Lになるので、ご注意。

新型アクアの値引き額を最大にして車を購入する方法

同じ車を買うなら、少しでもやすく買いたいですよね。最大限の値引きを獲得するためには、知って置かなければいけないこと/やらなければいけないことが3つあります。

下取りに出すよりオススメ!一括査定サイト

中古車一括買取査定ランキング1位
▼こちらをクリック▼

かんたん車査定ガイド(無料)
▲こちらをクリック▲
中古車一括買取査定ランキング2位
▼こちらをクリック▼
ハリアー
カービュー愛車無料一括査定(無料)
▲こちらをクリック▲

最高低燃費記録をフィットHVと競い合うトヨタの再量販車種 アクアの値引き交渉術

プリウスの弟分としてデビューしたアクア。ホンダFITハイブリッドと低燃費競争でバチバチに戦っているのはこのアクアです。全メーカートータルでも、日本国内で一番売れている車種です。

燃費は37.0km/Lと一位なのですが、フィットハイブリッドも36.4km/Lと非常に近い数字を出しており、実燃費では大きな差はなさそう。逆にユーティリティとしての室内空間もフィットより狭く、質感もヴィッツ並で200万円を超えるコンパクトカーとしてはなかなか車自体での勝負がしづらいところではあります。

ですので、出来る限り安く買うためには、フィットHVとぶつけるのが一番の値引き交渉ポイントだと思われます。

「車を買うならやっぱりトヨタだと思っている」と持ち上げつつも「フィットHVの室内空間の広さや燃費も捨てがたい、ホンダさんはフィットの値引きをかなり頑張ってくれているんですよね。」チラっ?っとトヨタの営業マンのやる気をアップさせることができれば最大値引きを引き出せるのではないかと思います。

値引き交渉の基本は営業マンを味方につけること

値引き交渉の際によくある間違いとしては、「営業マンをいかに言い負かすか」にこだわってしまう、という間違いが多いです。

戦うべきは営業マンではなく、その上司(値引きの決済権を持つ人)であり、営業マンは、上司に「これこれこういう理由でどうしても買ってもらいたいので、ここまで値引きさせてください」と交渉してもらうための伝書鳩にすぎない。

だから、営業マンの機嫌をいかに損ねずに「この人に買ってもらいたい!そのためにはもっと値引きしてあげたい!」と思わせるような対応が必要です。

値引きしても営業マンの財布は痛みません。いくら値引きをしたって、売れれば営業マンの成績になりますので、営業マンをうまく動かして、値引き幅を交渉してもらえるようにするのがポイントです。

アクアの値引きを引き出す競合車種

値引きを最大限引き出すには、営業マンが想定している競合車種を引き合いにだすのが最適です。なぜなら、「このメーカーのこの車には負けてはいけない」と設定されている車があり、その販売台数を目標に切磋琢磨しているからです。

アクアの場合には先ほど上げたホンダのフィットHVが一番の競合車種ですが、最近ですと、モデルチェンジしたばかりの新型デミオのクリーンディーゼルモデルも対抗車種としていいかもしれません。クリーンディーゼルは燃費こそハイブリッドには適いませんが、燃料がレギュラーガソリンではなく軽油なため、燃料代の単価が安く、実質燃料代で考えるとハイブリッドと互角に戦えるとして注目されています。

話題になっている車種だからこそ、デミオ XDを値引き交渉の対抗車種としてぶつけてみるのもありかもしれませんね。

新型アクアに関するユーザーからの口コミ

コンパクトカーでナンバーワンのアクア

アクアはコンパクトカーの中では間違いなくナンバーワンの車だと考えます。他を圧倒する低燃費も去ることながら、カラーも非常に豊富でスタイリッシュな仕上がりです。

またコンパクトカーだけあって小回りが効くのですが、高速走行の際にも気持ちよく走れる車です。コンパクトカーにしてはかなりお値段が高く、スマートエントリーやバックカメラなどの装備をプラスしていくと、プリウス並みの値段に迫ってきます。しかし、プリウスの大きさは要らない、5ナンバーの街乗りが欲しいという事であれば、この値段は燃費を考えると決して高くない値段だといえます。

アクアのライバルとして考えられるのがフィットHVです。走行はフィットの方が若干強い走りを見せますがそれほどの差は感じません。明らかにフィットと違うのはラゲッジスペースです。フィットの方がかなりの広さで荷物を載せる事ができます。

デザインや内装については個々人のセンスになってきますが、200万を切る値段でトヨタの最新技術を実感できるアクアを私はおすすめします。

アクアを買ってみた感想

我が家は父親がプリウスに乗っていて、わたしもたまに乗せてもらっていたのでハイブリッドカーの運転にもあまり抵抗はありませんでした。

また、父のプリウスの燃費を聞いて、20キロ弱という平均燃費に驚くばかり。そして我が家も買い替えのタイミングでトヨタのハイブリッドカーにしようということで選んだのがアクアでした。

燃費そのものは今1年以上乗っていますが、21キロを記録しています。あまり街中での徐行がなく、高速移動が多いこともありますが非常に満足しています。

そしてプリウスと比べてよかった点は後部が見やすい点です。はじめてプリウスに乗った時は後ろがみにくいなと思ったのですがアクアは見やすいです。

また、私は趣味がゴルフなのですが、うまく収納すればゴルフバッグは2本搭載可能で非常に助かっています。家内も小回りが利いて、思ったより車高が高くて周囲が見やすいということで非常に運転しやすいと評価しています。

納車一ヶ月〜(^O^)

先日トヨタのディーラーでアクアを購入しました。納車されて乗り出してから、まだ1ヶ月ほどですが、アクアの乗り心地などの感想を書いてみたい思います。

まず私がアクアを購入しようと思った理由には、燃費の良さと、スマートな外観・私的にはちょうどいいサイズといった理由でアクアを選び購入しました。その中でも特に、燃費の良さを重要視しました。

購入前に、プリウスとアクアのどちらにするか悩んだのですが、使用用途の主な使い方として、私の通勤の往復での使用でしたので、価格や排気量の違いでの維持費の負担などを考慮してアクアを選びました。

実際に乗ってみた感想としては、まず出だしの滑らかさと加速の良さに驚きました。1500ccの車なので、出だしや加速は少しもたつくと思っていたのですが、以前乗っていた2400ccの車と同等かそれ以上の出だしと加速の良さを感じました。やはり、出だしの時にモーターを使用して動き出すので、出だしが滑らかなのだと思います。

燃費の方は、リッター28kmとなっていて、カタログ値の37kmまでには全然届かないものの、私的には十分な燃費と感じています。

外観や内装も、変に光り物などの装飾品も付いておらず、シンプルな外観やインテリアが好みの私は、アクアのシンプルな外観などを気に入っています。

私の中でアクアに点数を付けるとしたら、100点満点中の100点を付けるくらいに、この車を気に入りました。

アクアは財布に優しい

同僚がアクアに乗っています。良く乗せてもらったり、時には運転させてもらったりもするのですが、やはり通常のガソリン車と比べると燃費ははるかに良いです。

それでも同僚曰く、カタログ程の燃費ではないという事ですが、同僚の運転はどちらかというと荒いので余り参考にならないかもしれません。そんな荒い運転でも静かで、加速も悪くないですし快適です。荒く走っても実燃費は18km/L位だそうです。

室内としては余り広くは無いので、ファミリー向けではないですが価格や燃費の良さ、自動車税を考えるとアクアは財布に優しい自動車だと感じます。

青色のクールソーダメタリックがかっこいい

トヨタ アクアはなんといっても世界トップレベルの低燃費を誇る車です。それだけで買う価値がある車ですよね。

そしてアクアの魅力はなんといってもそのちょっとクセの強いデザインだということが出来ます。ボディカラーは結構淡い感じの色が多いのですが、個人的には青が好きなので、クールソーダメタリックがイチオシです。ボディのメリハリとあと曲線の使い方が上手いなというのが私の感想で、今までになかったデザインの車だということが出来ます。

あとこの車はメーターにも特徴があり、デジタルタイプのメーターで慣れるまでは少々違和感があると思いますが、やはりデジタル表示の方が見やすいし、分かりやすいということが出来ます。またその画面にエコ運転に導くいろいろな表示があって、この画面表示をチェックしてしたがっていたら知らない内にエコなドライビングテクニックをマスターできるという仕組みです。エコな運転は経済的だし自然にも優しくまさに一石二鳥なのです。

アクアは静かなのに安定感のある走り

トヨタのアクアはハイブリットのコンパクトカーとして燃費の良さについつい目がいきがちです。確かに、アクアの燃費の良さは他のコンパクトカーとは大きな差があり、そこが魅力となって、多くの人から支持されていることは間違いありません。しかし、アクアにはほかにもたくさんのメリットがあります。今日はいくつか取り上げたいと思います。

その一つが走行性能です。コンパクトカーは加速が良いけど、コーナーリングで安定を欠くとか、なんか軽いのでコーナーをはみ出てしまいそうという印象があります。しかし、アクアの場合には高速道路や峠道のコーナーでも安定して曲がることができます。タイヤが路面にくっついている感覚が他の車より高いです。

さらに、乗ってみて実感するのは音です。ハイブリットカーは元々静かなのですが、アクアの場合には静かというか無音です。そのため、ちょっとこっちが不安になってしまいます。もちろん、静かなので長距離ドライブでも快適な空間を維持してくれます。

パーツカラーやボディカラーが選べて自分だけのアクアにできるから

アクアもプリウスもフィットも、街中に溢れてて、ちょっといやだなぁって思ってたんですが、結果アクアにしたのは、色んな色が選べたからです。

3色のパーツカラーから選べますし、ボディカラーからも11色から選べるのも良いなと思います。その2つを合わせると、33パターンもあるのが凄いなと思います。黄緑や赤などもあり、そこも、おしゃれで素敵ですよね。

ハンドル部分に暖房や冷房の温度を調整できたり、ボリュームまで調整できるのも便利だなと思うのです。
低排出ガス車ですから、環境のことも考えていて、そこも選びたいなと思うところです。

エコカーで減税の対象となるので、減税だと、実に助かるなと思うのです。

女性のように美しいアクアが好き

アクアが好きなところは、そのボディのフォルムです。まるで青い空を流れる雲のように、プカプカと浮かぶようなフォルムがとても素敵です。風をイメージしているようなフォルムでもあって、そこも空が好きな私にぴったりだなと思います。

他の車のデザインと似ているようですが、でも、これがアクアというところがかなり出ていて、一目見れば、アクアだなと分かるのが面白いなと思います。ボリュームがあるのに軽い感じがするし、コンパクトなのに大きく見えるのが良いなと思います。

前からきた強い風をフロント部分から上に抜けるような形になっているので、そこもよく設計されている部分だなと感心します。

色々な色があり、黄色やオレンジ色という色は、このアクアぐらいだなと思いました。中でも、透き通る湖のような色をした美しい色があり、テレビでもよく見かけます。アクアという名前がぴったりな色で、とても美しくて好きです。

その色は女性のように繊細で美しいです。

沖縄旅行のレンタカーでアクアと出会った!

沖縄旅行でレンタカーをした際に借りたのがアクアでした。

普段は我が家はプリウスに乗っているので、同じく低燃費ですが、アクアの方が、プリウスよりも小さくて軽いので、より燃費が良かったです。

しかも、ある程度小型に作られていますから、小回りが利きますし、女性にはちょうどいい車の大きさだと思います。

その反面、背が高かったり、体が大きな男性にはもしかしたらちょっと窮屈かもしれませんが、それでも、快適に走行する事ができると思います。

車の中もシンプルな内装になっているので、ごちゃごちゃしていなくて落ち着きますし、最近無駄なボタンが多い車が増えているような気がしますが、そんなことはなく使いやすいです。

日産のリーフなどと比べると、完全電気自動車ではないので、経済的にはアクアの方が高くつくかもしれませんが、ガソリンが使用できるので、長い距離を走れるというメリットがあって、アクアが断然おすすめです。

運転者から手が届く範囲にボックスがあるのが地味に便利

アクアのシートは1つ1つが大きく、横幅もあるので、大柄な家の家族には合いそうです。このアクアは、その足元がとても広々としているので、当たりにくいと思います。深めに座ることができ、安定した座りができそうなのも良いなと思います。

背が高いと、座った時に頭が天井に当たりそうになる人もいて、いつも気の毒だなと思っていましたが、コンパクトカーなのに、全高1,455mmもあるので、とても余裕で背が高い人も座っていられるところも良いなと思います。

後方部分のシートを前方にピタッと倒すこともでき、その場所に大きな自転車や荷物を安定して乗せて移動できるのも魅力的です。とてもラゲージスペースの奥行きがあるのも良く、キャンプに行くのが好きな私達家族にぴったりな車です。

何よりも驚くのが、このアクアには、色々な箇所に小物や日用品を入れておけるところです。助手席にオープントレイはもちろんのこと、メーターサイドにもちょっとしたボックスがあるので、運転者に手が届くのが嬉しいところです。いつもペットボトルを持参しては乗ることが多い私には、安定したリヤカップホルダーは必需品です。

フロントドアポケットも実に便利だと思います。よく運転者のことを考えている車だと感心します。

アクアの値引き額を最大にして車を購入する方法

同じ車を買うなら、少しでもやすく買いたいですよね。最大限の値引きを獲得するためには、知っておかなければいけないこと/やらなければいけないことが3つあります。

▼  ▼  ▼

オススメの中古車一括買取査定サイトランキング!!

中古車一括買取査定ランキング1位かんたん車査定ガイド(無料)

東証第一部上場の株式会社エイチームが運営する一中古車括買取サイトが「かんたん車査定ガイド」です。信頼できる50社以上の買取業者の中から、あなたに最適な最大10社への一括査定依頼ができます。エイチームは引っ越しの一括査定「引越し侍」なども運営しており、一括査定サイトとしては業界最大手なので、安心してご利用いただけます。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング2位カービュー愛車無料一括査定(無料)

皆さんおなじみの車情報SNSのみんカラを運営しているカービューの愛車無料一括査定サイトです。ガリバーやアップルなどの中古車買取業者の中から、あなたにあった買取業者を厳選し、最大8社からの買取金額の見積もりを受けられます。これまでに380万人が利用しているので、安心ですね。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング3位ズバット車買取比較(無料)

「ズバット車買取比較」は東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーが運営。かんたん車査定ガイドよりも協賛買取業者の数が多く、150社以上の中から、エリアや条件に合わせ、最大10社へ査定依頼が可能です。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

アクアの値引き体験談

一割以上の値引きに成功!

少しでも安く買いたかったので、何回もトヨタに出向いて値引き交渉をしました。オプションを付けて200万円位の金額でしたが、最終的に1割以上も安く購入する事が出来ました。
なぜ安くなったかというと、トヨタの決算月でもあり、決算特価の値引きに成功しました。しかもカーナビとETCまで付けて合計で29万円引いてくれました。このオプションの代金を考慮すると30万円以上の値引きになりました。他の車の購入は、全く考えていませんでしたのでいくら値引いてもらえるのかがポイントでした。値引き交渉のこつは、何回も、お店に足を運んで、他の車の見積もりも合わせて出してもらって、比較しながら話を進めて行くと良いです。最初は、納得のいく値引き金額は、掲示してもらえませんが、少しづつ、他店の情報なども持っていくと、営業マンも必ず、自分の売上につなげたいと思い、小出しに値引きをしてくれます。買いたい車の納得金額まで粘れば、値引き交渉成功です。

FITと競合して値引き成功!

ハイブリッドカーが欲しいと思って選び出したのがアクアです。
トヨタのハイブリッドカーは熟成されていますので、それも一つの購入ポイントでした。
ただハイブリッドカーなだけあって価格がちょっと高めですよね。
いくら燃費が良いと言っても価格が高いのは辛いです。
その為、どれだけ値引きができるのかがポイントだったのですが、値引きをするにあたり競合させたのが新型のフィットハイブリッドです。
競合させるのならライバル車である事が大切ですので交渉材料として利用したのですが、その際にはフィットハイブリッドの見積もりも貰っておきました。
やはり具体的な金額を出した方が交渉もやり易くなりますので、ちょっと手間は掛かりますがディーラーへ行って見積もりを出してもらった次第です。
その見積もりを手にアクアの値引き交渉に臨んだのですが、やはり競合車の見積もりがあると交渉がし易いですね。
「フィットはこんな感じの値段ですけど、アクアはどうですか?」という具合に交渉すると比較的簡単に応えてくれましたし、最終的に車両本体価格はマイナス20万、オプションはマイナス10万でしたのでトータルで30万円も安くしてもらう事ができました。

義理母親のおかげの痛快値引き交渉

友達から貰ったTOYOTAカルディナもかれこれ7万kmも走ったことだし、お役御免かな〜と新車購入を決意。車選びに近所のディーラーに立ち寄った時、アクアの存在を知ったのがその時だった。
カルディナが非常に燃費悪いこともあって、今度購入する車は燃費のいい車であることを第一条件にしようと決めていた。アクアを購入することは決めていたのだが、問題は諸経費を含めた購入費用。見積もりを出してもらった時、小型車でありながらなかなかの価格で驚いたのを思い出す。そこはやはり技術力が売りのハイブリッドカーだなぁ、と思わされた。ここは値引き交渉で30万円ぐらい引いてもらえないと買えないかな、、ということをディーラーの営業担当にも伝えた。競合車であるHONDAフィットも見積もりを取っている、と駆け引きもした。それでも値引きはて26万円までという。。。
諦めかけたその時、一緒に商談に来ていた義母が口を開いた。「私も同じ車買おうかな。」と。正直驚いたけど、この一言が後々30万円の値引き交渉を可能にした一言だったと思うと義母には感謝してもしきれない。
義母と自分の車の2台購入を条件に一台30万円の値引きに成功した時は痛快そのものでした。これからもっともっと親孝行していきます。

ヴィッツの下取りに上乗せで実質値引き

私は北海道に住む会社員、30歳の男です。
先日自分の乗っているトヨタのヴィッツが走行15万キロを超え車検も近い事から、乗り換えを考えていて、トヨタのディーラーに行ってきました。
特に車種は決めていなかったのですが、ヴィッツに大きさや形が似ているアクアという車がこうほに上がりました。
ですが値段がヴィッツより少し高いのが購入するにあたって問題でした。
なんとか少し安くならないかと思い、値引き交渉をする事にしました。
ですが、人気車種とのことであまり値引きできないといわれ一時は購入を諦めました。
他にも色々な車を見て検討したのですが、最終的にやはりアクアが気に入ったので、再度トヨタに出向き値引き交渉に行きました。
すると、現在乗っているヴィッツを本来下取り価格が30万円の所、40万で下取りしてもらえることになったのです。
プラス10万円の値引きに満足して、先日購入を決めてきました。
近々納車されるとのことなので、いまから待ち遠しいです。

アクアとフィットHVを競合させて

前からハイブリッドカーに乗りたい気持ちがありましたのでアクアを狙っていたのですが、価格がちょっと高いという事もあり、なかなか購入できない状態でした。
そんな折に登場したのが新型フィットです。
アクアのライバル車として新しく登場した車ですが、新型フィットHVも私の好みという事もあり、どちらを購入すれば良いのか本当に悩みましたね。
でも予算が限られていますので、値引き額が大きい方に決めようと思いました。
その為、アクアの販売店へ行って値引き交渉をしたり、同様にフィットの販売店へ行って交渉をしたのですが、やはりフィットは新型車という事もあり、なかなか値引きをしてくれませんでしたね。
また、アクアの交渉をした際、フィットも悩んでいるという事を告げたらさらに競合して安くしてくれましたので、結果的にアクアが10万円近くも安くなりましたし、さらにはいくつかのオプションも無料で付けてくれましたのでとてもお得に購入できました。
やっぱり値引き交渉はしてみるものですね。

アクアのデザインに惹かれて購入

ハイブリッドカーにはあまり興味が無かったのですが、アクアのデザインに惹かれたという事もあり、購入してみようかなという気持ちでいました。
しかしながらコンパクトカーにしては価格が高めですので、価格が引っ掛かって購入に踏み切れないという気持ちでした。
しかしながら気持ち的には購入したい思いで一杯でしたので、どうしても買いたいと思っていたのですが、その為にも私が挑戦したのが値引き交渉です。
人気のハイブリッドカーですので交渉が上手くいくか分かりませんでしたが、実際は案外すんなり下げてもらう事ができました。
ただ、金額にはそこまで大きくありませんでしたので、もっと値引きをしてもらうべく私が行ったのが他店との競合です。
ライバル車種であるフィット3ハイブリッドの見積もりももらい、そしてアクアの交渉の際にぶつけたのですが、やはり競合させる事は重要です。
最初は5万円位しか引いてくれませんでしたが、結果的には15万円も引いてもらう事ができましたので初回の交渉よりも10万円もお得になりましたし、お得に買う事ができて嬉しいです。

ハイブリッドカーアクアの値引き交渉

11月末にハイブリッドカー「トヨタ・アクア」を購入しました。
最近のコンパクトカーや軽自動はナビやオーディオ関係の装備がオプションとされていて、純正として搭載するオプションが社外品に比べて割高であるため、色々なオプションをカスタマイズした結果、オプション総額31万円ほどになりました。
購入したグレードはアクアG ですが、オプション搭載前に値引きを交渉すれば、10万円が目一杯でした。
オプションを組むと、総額から25万円ほど値引額が入れられ、オプションを搭載することで値引きが増したのですが、市販で社外品のナビに比べて割高で、他のオプションも高めのオプション設定でした。
しかし、オプションを組むとほぼ自動的に何も言っていないのに値引きが25万まで入れられたので、それでも儲かるような気がして検討すると言って店を後にしました。
フィットハイブリッドの方が値引きが多かったため、購入をやめるとセールスマンに伝えると、向こうから30万円まで値引き額を上げると言ってきたので、詰めて交渉したら33万円で交渉成立しました。

アクアの予想以上の値引き

新しい車が欲しくなったのでいろんな車のカタログを見ていたのですが、一番気になったのはアクアのハイブリッドでした。
今までは燃費の悪い中古車を運転していて、新しい車はハイブリッドカーが良いと家族にも相談をしていました。
特にガソリンなどの維持費が最近は気になっていたことからアクアのハイブリッドを選びました。
家族がいることと、運転するのは私は週末に遠出することがあるのですが、妻は毎日の買い物の足として使いたいというリクエストがあり、運転しやすさと燃費を重視しました。
街で乗ることと、遠出をした時のパワフルさを合わせもったアクアが良いという結論になりました。
ちょうどチラシやディーラーをチェックしているとアクアのハイブリッドが値引きをしていることを知りました。
キャンペーン中で安くなっていたことと、ディーラーでオプション値引きをしていたので、運転が苦手な私は純正ナビを付けたかったことと、その他のオプションも付けて豪華にしたかったのです。

あなたのご協力が必要です!値引き金額を教えて下さい!

このサイトの値引き金額情報は、皆様からのご協力で成り立っています。
参考になったと思われた方は、今度はあなたがみんなを助ける番です。

ぜひ、こちらから値引き情報を投稿してください!

オススメの中古車一括買取査定サイトランキング!!

中古車一括買取査定ランキング1位かんたん車査定ガイド(無料)

東証第一部上場の株式会社エイチームが運営する一中古車括買取サイトが「かんたん車査定ガイド」です。信頼できる50社以上の買取業者の中から、あなたに最適な最大10社への一括査定依頼ができます。エイチームは引っ越しの一括査定「引越し侍」なども運営しており、一括査定サイトとしては業界最大手なので、安心してご利用いただけます。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング2位カービュー愛車無料一括査定(無料)

皆さんおなじみの車情報SNSのみんカラを運営しているカービューの愛車無料一括査定サイトです。ガリバーやアップルなどの中古車買取業者の中から、あなたにあった買取業者を厳選し、最大8社からの買取金額の見積もりを受けられます。これまでに380万人が利用しているので、安心ですね。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング3位ズバット車買取比較(無料)

「ズバット車買取比較」は東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーが運営。かんたん車査定ガイドよりも協賛買取業者の数が多く、150社以上の中から、エリアや条件に合わせ、最大10社へ査定依頼が可能です。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

そのまま下取りに出したら、損するかも・・・? あなたの車の価値はいくら?無料査定!