新型CX-3の最新値引き金額相場

CX-3のフロント画像
CX-3のリア画像
CX-3のインパネ画像

※画像は旧型や海外版の場合が有ります ※画像提供:カーセンサーnet

グレード 地域 車両値引き オプション値引き 合計値引き金額 -
CX-3
XD Touring
中部愛知県 15万円 17万円 32万円
CX-3
XD Touring L Package
東京都関東 - 円 20万円 20万円
CX-3
XD
東京都関東 - 円 10万円 10万円
CX-3
XD Touring L Package
茨城県関東 - 円 11万円 11万円
XD 大阪府近畿 5万円 15万円 20万円
XD Touring L Package 京都府近畿 - 円 5万円 5万円
XD Touring L Package 大阪府近畿 - 円 5万円 5万円
XD Touring L Package 4WD 中国広島県 - 円 5万円 5万円
XD 九州福岡県 - 円 10万円 10万円
XD Touring 大阪府近畿 15万円 2万円 17万円
XD Touring 東京都関東 3万円 12万円 15万円
XD Touring L Package 5万円 7万円 12万円
XD 東京都関東 5万円 5万円 10万円
XD Touring 九州 - 円 5万円 5万円
Touring L Package - 円 5万円 5万円
XD Touring - 円 8万円 8万円
XD - 円 6万円 6万円
平均値引き相場: 12 万円
17件の平均

あなたのご協力が必要です!値引き金額を教えて下さい!

このサイトの値引き金額情報は、皆様からのご協力で成り立っています。
参考になったと思われた方は、今度はあなたがみんなを助ける番です。

ぜひ、こちらから値引き情報を投稿してください!

新型CX-3の値引き額を最大にして車を購入する方法

同じ車を買うなら、少しでもやすく買いたいですよね。最大限の値引きを獲得するためには、知って置かなければいけないこと/やらなければいけないことが3つあります。

下取りに出すよりオススメ!一括査定サイト

中古車一括買取査定ランキング1位
▼こちらをクリック▼

かんたん車査定ガイド(無料)
▲こちらをクリック▲
中古車一括買取査定ランキング2位
▼こちらをクリック▼
ハリアー
カービュー愛車無料一括査定(無料)
▲こちらをクリック▲

CX-3はディーゼルモデルにしぼり、デミオと競合させない戦略的プレミアムカー

出し惜しみと捉えるかプレミアム感がある、と捉えるかは人によってさまざまですが、CX-3は国内ではガソリンモデルは用意されず、ディーゼルのXDグレードのみでの発売となっていることで、CX-5の様に街中に溢れかえる、ということが少なくなると思います。

質感の高さと相まって、所有する喜びをもてる小型SUVに仕上がっているといえるでしょう。

 

競合コンパクトSUVの中でダントツの人気を誇るのがCX-3

suvアンケート JUKE XV VEZEL CX-3

最近流行のコンパクトSUVで、日産ジューク、ホンダ ヴェゼル、スバル インプレッサXVなど多くの車種・メーカーから発売されています。

今回デミオベースのSUVとして登場したCX-3はこれらの中でもダントツで人気が高いことがドライブミークレイジー独自のアンケート結果からわかっています。

CX-5,XV,ヴェゼル、ジュークのSUVの中でCX-3がダントツの人気

CX-3 799 票 77.0%
XV 118 票 11.4%
ヴェゼル 97 票 9.4%
ジューク 23 票 2.2%
合計 1037 票

 

※ドライブミークレイジー調べ

 

最近のマツダの元気さを象徴するCX-3

マツダの新型クロスオーバーSUV「CX-3」は、最近のマツダの元気さを象徴するような車種と言えます。
デミオのプラットフォームを流用しつつ、デミオより一層アグレッシブで魅力的なエクステリアデザインを備えています。
ボディ・サイズもデミオよりも一回り拡大されて、押し出しの効いた雰囲気になっていますが、全高が多くの立体駐車場に収まる1,550mmに抑えられているなど、利便性が確保されているのもメリットです。
ただ、全幅に関しては5ナンバーの枠を大きく超えていますが、地方には狭い路地も多いので、あと50mm程狭くして欲しかったところです。
パワートレインは1.5Lディーゼルのみで、それ自体に不足はないものの、他に選択肢がないのは少し寂しい気がします。
世の中には、どうしてもガソリンエンジンを選びたいという人もいる筈ですから、出来ればアクセラ用の1.5Lガソリンエンジンも用意して欲しかったところです。
このあたりのバリエーション展開は、今後に期待したいところです。
しかし、全般的には十分魅力的なクロスオーバーSUVと言えます。

デミオでも好評だった質感の高さが、CX-3でも更に向上

デミオですら「国産のコンパクトカーの域を超えている」と呼び声が高かったのですが、今回のCX-3ではさらに質感に磨きをかけています。

 

デミオ以上にこだわっている装備

CX-3ではデミオにはなかったリアドアにドリンクホルダーを追加

デミオにはなかった後席のドリンクホルダーもCX-3では追加されており、後席はけっして広くはありませんが、小さな割には快適に乗車できるよう工夫されています。

CX-3と新型デミオのワイパーの違い

CX-3のワイパーはデミオとは違いフラットタイプに変更されています。これは見た目のデザイン性だけでなく空気抵抗も減らす効果が期待できます。

 

また、ディーゼル特有のガラガラオンを減らすナチュラルサウンドスムーザーを搭載しており、静粛性もデミオより格段にアップしています。

一節では設計の古いCX-5よりも静粛性が高いとさえ言われています。

 

CX-3の運転席回りについて

CX-3の外観は、現行型のデミオ(5ナンバーサイズ)よりも幅が広く3ナンバーサイズですが、車内空間はほぼデミオと同様のデザインとパーツを採用しています。ただし、インテリアに人工皮革を使用し上質なツートンカラーでデミオと差別化を図っています。

スピードメーターもデミオと共通で、廉価グレードはアナログの速度計とタコメーターが付き、上位グレードは真ん中にタコメーターを配置し、その右隅にデジタル式の速度計を配置しています。また、上位グレードはメーターの上に透明な小型スクリーンに走行状況などを映し出すアクティブ・ドライビング・ディスプレイを装備し、視線移動を少なくするように配慮しています。
ステアリングはチルト&テレスコピック式になっており、ドライバーの体格に合わせてポジションを調整することが可能です。
運転席側のドアのスイッチ類もほぼデミオと共通ですが、ドアミラー開閉スイッチのみ、デミオはミラー角度調整と一体型なのに対し、CX-3のそれは独立しています。

CX-3のクリーンディーゼル補助金は最大16万円

CX-3 XD Touring L Package 16万円
CX-3 XD Touting 15万円
CX-3 XD 14万円

クリーンディーゼル補助金の金額が判明し、XD ツーリングLパッケージで最大16万円となっています。これはデミオの5万円よりも大幅に補助金額がアップしていますので、かなりオトクだと思われます。

ただし、このクリーンディーゼル 補助金の兼ね合いで、CX-3の車両本体からの値引きがあまりできず、2-5万円の本体値引きが相場となっているようです。

そのため、オプションを多くつけることでオプション値引きを引き出し、合計10万円の値引き額を目標にするのがベストなようです。

値引きの競合に オートザム店をうまく使うべし

最近はマツダの販売チャネルの縮小などがあり、東海マツダや関東マツダなどのマツダ店がメインになってきていますが、それでも中小自動車工場の運営するオートザム店もまだまだ生きています。

オートザム店ではアテンザは扱えないものの、デミオ、アクセラ、CX-3は販売しているため、値引き交渉にオートザム店を有効利用するのが値引き交渉のポイントです。

絶対的な値引きの価格はマツダ店よりもオートザム店の方が圧倒的に多く、「マツダ店でゴリゴリ交渉してでた値引き額」が「オートザム店ではお座り一発で引き出せる」なんてことも珍しくありません。

ただし、地域密着の中小の自動車工場が経営している店舗なので、サービスの質や営業マンの対応の良し悪しは店舗次第と言えますし、また店舗数も少ないため、家からオートザム店まで遠いと今後の点検やメンテナンスで不便なことが増えてしまいます。

そこで、マツダ店では値引き交渉はそこそこにして営業マンと顔を繋ぎつつ、オートザム店で値引き額を引き出し、それをもってマツダ店に「オートザムと同じ価格でお願いします」と正直に伝えることでCX-3の値引き交渉を比較的楽にすすめることができると思います。

CX-3とヴェゼルの内燃機関の比較

マツダ・CX-3とホンダ・ヴェゼルは、ボディサイズやコンセプト等似通った部分もあるかと思いますが、最大の特徴はCX-3はクリーンディーゼルエンジン一本で勝負、ヴェゼルは通常のガソリンエンジン車もありますがハイブリッド仕様車をメインとして展開しているところが大きく異なるところです。

ホンダは、インサイトやシビック、フィット3などで培った独自のハイブリッドシステムを採用しているのに対して、マツダは内燃機関の可能性を徹底的に追求した独自の基幹技術「スカイアクティブ・テクノロジー」に基づき、ディーゼルエンジンの可能性追求と性能向上を推し進め、高額な触媒等の装置を持たずとも環境に負荷を与えにくいクリーンな排気と低燃費、小型・コンパクト化に成功、2014年に登場した4代目デミオを皮切りに採用したコンパクトカー用1.5LクリーンディーゼルエンジンをCX-3にも搭載、パワーとトルクではハイブリッドに負けない走りを実現しました。

ディーゼルエンジン車はガソリン車に比べて高額ですが、燃料の軽油はガソリンよりも安いというアドバンテージがあります。

CX-3とホンダ・ヴェゼルとの車内空間の比較

CX-3は2014年登場の4代目デミオとほぼインパネデザインを共通化させており、シンプルながらも上質なデザインとなっています。一方のヴェゼルはホンダ車らしい機能性と先進性をアピールしたデザインになっています。

CX-3はマツダ独自のカーナビやオーディオなどを統合させたシステム「マツダコネクト」を採用しており、通常の2DIN型のカーオーディオやカーナビの取り付けは不可能ですがヴェゼルは可能となっています。ただし、マツダコネクトはソフトウェアアップデートで「古くならない進化するナビ」というコンセプトを掲げていますので、他社製を選べない反面、年数の経過に連れて進化する?かも知れません(現段階としてはマツコネの評判はあまり良くありませんね。。。)

車内空間は、CX-3はデザインと空力性能、タワーパーキングに入庫できるよう車高を低めに抑えたこともあり、ヴェゼルと比べると車内は若干狭めでデミオとほぼ同程度です。ヴェゼルはホンダ独自のセンタータンクレイアウトによる低床技術を投入しており、大人4人が乗っても快適なように設計されています。CX-3はドライバー視点から、ヴェゼルは同乗者全員の視点から設計されているといってもよいでしょう。

ドライバーの運転の楽しさでいうとCX-3に軍配が上がります。

CX-3とSUBARU XVの比較

マツダの新型コンパクトSUV「CX-3」のライバル車種のひとつとして挙げられるのが、スバルの「XV」です。
XVはインプレッサをベースにしており、全高はCX-3・XVいずれも1,550mm以内に収まっており、ほとんどの立体駐車場に入庫が可能な高さです。それ以外のボディサイズはXVの方が大きいです。いずれも3ナンバーサイズです。
エンジンはCX-3は1.5Lクリーンディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D」のみ、XVは2.0L水平対向4気筒ガソリンエンジンに加えてバイブリッド仕様車もあります。ディーゼル・ハイブリッドとも通常のガソリン車より高額なので、使用用途や好みに合わせてお選びいただくと良いでしょう。
4WDシステムは、CX-3は完全電子制御の「i-ACTIV AWD」、XVは水平対向エンジンによる低重心を生かしたシンメトリカルAWDを採用しています。
室内空間は、室内長はXVの方が長いです。シートアレンジについては、CX-3・XVともリヤシートがフルフラットに折り畳めることができ、それなりの荷物を積むことができます。

新型CX-3に関するユーザーからの口コミ

エレガントで実用性が高いです

スポーティーなスタイリングで現在的な感覚の車です。
外観はフロント周りも上手く纏められておりライト周りもシャープな作りで斬新さがあります。
あと、運転席周りも配置が良く、全ての計器が見やすい位置にありますし、エアコン関係、オーディオ関係等も、楽に手が届く位置に配置をされていて操作性が凄く高いです。
室内空間ですが、天井も高くてゆとりがあり、足元も広いのでゆったりと寛げるスペースがあります。
荷物室の方ですが、居住空間を広く取ったために、やはりその分狭い印象がしました。
しかしこのクラスの車では広い方です。
それとディーゼル特有の音ですが、低速域で走っていると、ガラガラと音が響いており、神経質な方は気になると思います。
しかし高速域になってくると、タイヤの音、振動で打ち消されるので、
殆んど気にならないレベルでした。
それと乗り心地ですが、タイヤが地面をきっちり捉えている感じで、グリップ力は高く安定性のある走行性だと思いました。
その分ロードノイズは高く多少音が響きます。
用途を選ばずに気兼ねに乗れて街乗りから雪道まで幅広く使えて実用性が高い車です。

エレガントで実用性が高いです

スポーティーなスタイリングで現在的な感覚の車です。
外観はフロント周りも上手く纏められておりライト周りもシャープな作りで斬新さがあります。

あと、運転席周りも配置が良く、全ての計器が見やすい位置にありますし、エアコン関係、オーディオ関係等も、楽に手が届く位置に配置をされていて操作性が凄く高いです。

室内空間ですが、天井も高くてゆとりがあり、足元も広いのでゆったりと寛げるスペースがあります。
荷物室の方ですが、居住空間を広く取ったために、やはりその分狭い印象がしました。
しかしこのクラスの車では広い方です。
それとディーゼル特有の音ですが、低速域で走っていると、ガラガラと音が響いており、神経質な方は気になると思います。しかし高速域になってくると、タイヤの音、振動で打ち消されるので、殆んど気にならないレベルでした。

それと乗り心地ですが、タイヤが地面をきっちり捉えている感じで、グリップ力は高く安定性のある走行性だと思いました。

その分ロードノイズは高く多少音が響きます。
用途を選ばずに気兼ねに乗れて街乗りから雪道まで幅広く使えて実用性が高い車です。

ディーゼルエンジンしかないCX-3

CX-3はデミオと同じプラットフォームを使っており、デミオよりは少し大きなSUVです。マツダには一回り大きなCX-5がありますがこれがとても人気で、特にディーゼルエンジンがよく売れていますが、CX-3は1.5リッターのディーゼルターボエンジンのみが設定されるようです。

CX-3と同じサイズの車はホンダの「ヴェゼル」あたりだと思いますが、この車も結構人気がありますので、CX-3も人気が出そうですね。

でも最近のマツダ車は価格が大幅にアップしています。CX-3ももっとも安いモデルで230万円くらいになるようで、結構な値段がします。ボディガしっかりしていたり、サスペンションが硬めで疲れにくかったり、また装備が充実していたり、内装の質感が良かったりしますので満足感は高いかも知れませんが、230万円出すともう少し大きな排気量の車も購入できそうなので迷いそうですね。

かっこよくて環境にも財布にも優しいCX-3

マツダの新型SUV CX-3の気に入っているところは、SUVなのに見た目がごつくなくてかっこいいところです。きりっとしたヘッドライトはヨーロッパ車を感じさせるデザインで、高級感があります。同じマツダのCX-5もかっこいいSUVですが、CX-3のほうがコンパクトで、女性でもちょうどいいサイズになっていると思います。
インテリアも洗練されたデザインで、グレードが一番低いものでも十分満足できます。機能性も充実していて、ハンドルを握ったまま音楽のボリュームを変更したり、曲変更をしたりと色々な操作ができるのもかなり便利です。
そしてCX-3はディ-ゼル車のみだということも特徴的です。エコの時代なのでハイブリット車が人気がありますが、バッテリーの交換時期は?値段は?など気になる点もいくつかあったりします。でもディーゼル車ならバッテリーの心配無く安い燃料で走れるので、ハイブリットよりも優秀なのではないかと思います。またマツダはクリーンディーゼルという、環境に配慮したディーゼルエンジンに力を入れているので排気ガスも綺麗で燃費もいいので言うことなしです。

CX-3は新型車なのに新型にみえない

私はCX-3について思ったのが、車のフレーム構造がすごくダサいと感じました。
視覚的には新型なのに新型に思えないところが駄目だと思いました。
車の内装や機能は奥行き、燃費などあらゆるところは良くなったのに見た目がパットしないっていうのはいかがなものなのでしょうか。
私はCX-3以外にもマツダの車の形があまり好きではありません。もちろんゴツイ感じの車が多いので、安全面などには問題ないのでしょうが、空気抵抗などを考えた場合、風邪をもろに受けそうだし、女性受けはしない車が多いと思いました。
私はそろそろ新しい車に買い替えようとしていたので、CX-3が本当に私の欲しがる要素があれば購入するつもりでいましたが、今回は他の車を選ぶか、修理してもう少し乗ろうと思いました。
マツダの車のデザイナーは一人しかいないんだろうかと思う位外観が単調なのが残念でなりません。
他のメーカーと戦っていく技術を持っていながら、ダサイなって思うような車を作るのが謎です。

運転が楽しくなる車!デザインもマツダらしい

今のマツダの元気の良さをそのまま表しているような車に思えます。
一見しただけで、あ、マツダの車だ、とすぐに分かるデザインですね。
CX-5のようでもありデミオのようでもある、とてもマツダらしい車に仕上がっているように見えます。

実際に走らせてみると、運転している本人が楽しくなるような車になっています。わたしは車が趣味というわけではないですが、でもドライブは大好きなので、いつか走るのが楽しいと言われている今のマツダ車にも乗ってみたいと思っています。

ただ、運転が上手いわけではないので、CX-5のような大柄な車はちょっと扱いに苦労する部分もあるのかなと、思ったりするところもありますので、CX-3のコンパクトさは大変魅力的です。

また、田舎道ではまだまだ砂利道なども残っていますし、冬には雪がかなり積もるところに住んでいますので、地上最低高をある程度確保してあるSUVスタイルにも実用上のメリットがありそうだと思います。

あとはヲタク的気質から、マツダのスカイアクティブテクノロジーには以前からとても興味がありますので、そういったものに触れてみたいという純粋な興味本位というところでも、とても関心を持っています。

CX-3の値引き額を最大にして車を購入する方法

同じ車を買うなら、少しでもやすく買いたいですよね。最大限の値引きを獲得するためには、知っておかなければいけないこと/やらなければいけないことが3つあります。

▼  ▼  ▼

オススメの中古車一括買取査定サイトランキング!!

中古車一括買取査定ランキング1位かんたん車査定ガイド(無料)

東証第一部上場の株式会社エイチームが運営する一中古車括買取サイトが「かんたん車査定ガイド」です。信頼できる50社以上の買取業者の中から、あなたに最適な最大10社への一括査定依頼ができます。エイチームは引っ越しの一括査定「引越し侍」なども運営しており、一括査定サイトとしては業界最大手なので、安心してご利用いただけます。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング2位カービュー愛車無料一括査定(無料)

皆さんおなじみの車情報SNSのみんカラを運営しているカービューの愛車無料一括査定サイトです。ガリバーやアップルなどの中古車買取業者の中から、あなたにあった買取業者を厳選し、最大8社からの買取金額の見積もりを受けられます。これまでに380万人が利用しているので、安心ですね。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング3位ズバット車買取比較(無料)

「ズバット車買取比較」は東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーが運営。かんたん車査定ガイドよりも協賛買取業者の数が多く、150社以上の中から、エリアや条件に合わせ、最大10社へ査定依頼が可能です。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

あなたのご協力が必要です!値引き金額を教えて下さい!

このサイトの値引き金額情報は、皆様からのご協力で成り立っています。
参考になったと思われた方は、今度はあなたがみんなを助ける番です。

ぜひ、こちらから値引き情報を投稿してください!

オススメの中古車一括買取査定サイトランキング!!

中古車一括買取査定ランキング1位かんたん車査定ガイド(無料)

東証第一部上場の株式会社エイチームが運営する一中古車括買取サイトが「かんたん車査定ガイド」です。信頼できる50社以上の買取業者の中から、あなたに最適な最大10社への一括査定依頼ができます。エイチームは引っ越しの一括査定「引越し侍」なども運営しており、一括査定サイトとしては業界最大手なので、安心してご利用いただけます。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング2位カービュー愛車無料一括査定(無料)

皆さんおなじみの車情報SNSのみんカラを運営しているカービューの愛車無料一括査定サイトです。ガリバーやアップルなどの中古車買取業者の中から、あなたにあった買取業者を厳選し、最大8社からの買取金額の見積もりを受けられます。これまでに380万人が利用しているので、安心ですね。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング3位ズバット車買取比較(無料)

「ズバット車買取比較」は東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーが運営。かんたん車査定ガイドよりも協賛買取業者の数が多く、150社以上の中から、エリアや条件に合わせ、最大10社へ査定依頼が可能です。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

そのまま下取りに出したら、損するかも・・・? あなたの車の価値はいくら?無料査定!