新型ヴェゼルの最新値引き金額相場

ヴェゼルのフロント画像
ヴェゼルのリア画像
ヴェゼルのインパネ画像

※画像は旧型や海外版の場合が有ります ※画像提供:カーセンサーnet

グレード 地域 車両値引き オプション値引き 合計値引き金額 -
ヴェゼル
S
中部愛知県 - 円 - 円 30万円
ヴェゼル
HYBRID Z
神奈川県関東 10万円 10万円 20万円
ヴェゼル
HYBRID Z
東京都関東 20万円 10万円 30万円
ヴェゼル
HYBRID X 4WD
中部長野県 15万円 15万円 30万円
HYBRID X 大阪府近畿 10万円 10万円 20万円
HYBRID 九州熊本県 15万円 - 円 15万円
X 千葉県関東 10万円 10万円 20万円
S 埼玉県関東 25万円 - 円 25万円
S 京都府近畿 25万円 5万円 30万円
HYBRID Z 神奈川県関東 15万円 - 円 15万円
HYBRID X 大阪府近畿 15万円 15万円 30万円
HYBRID Z 東京都関東 10万円 5万円 15万円
HYBRID Z 東京都関東 20万円 10万円 30万円
平均値引き相場: 24 万円
13件の平均

あなたのご協力が必要です!値引き金額を教えて下さい!

このサイトの値引き金額情報は、皆様からのご協力で成り立っています。
参考になったと思われた方は、今度はあなたがみんなを助ける番です。

ぜひ、こちらから値引き情報を投稿してください!

新型ヴェゼルの値引き額を最大にして車を購入する方法

同じ車を買うなら、少しでもやすく買いたいですよね。最大限の値引きを獲得するためには、知って置かなければいけないこと/やらなければいけないことが3つあります。

下取りに出すよりオススメ!一括査定サイト

中古車一括買取査定ランキング1位
▼こちらをクリック▼

かんたん車査定ガイド(無料)
▲こちらをクリック▲
中古車一括買取査定ランキング2位
▼こちらをクリック▼
ハリアー
カービュー愛車無料一括査定(無料)
▲こちらをクリック▲

FIT3ベースの新型SUV ヴェゼル

ヴェゼルは新型フィット3をベースに車高を高くし、室内空間の拡張とインテリアの高級感アップを図ったクロスオーバーSUVです。
発売開始から3週間で2万4千台を受注する人気車種で、自販連の発表する2014年11月の販売台数ランキングでも6,157台/月を売上げ、販売台数ランキング10位となっています。
これは、クロスオーバーSUVの中ではダントツの販売台数となっており、人気の高さが伺えます。

ヴェゼルの悩みの種は、i-DCDのDCTのリコール連発

これだけ人気の車種なのに、まだ発売間もないにもかかわらず20万円を超える値引き相場となっているのは、やはりフィットから導入された新ハイブリッドシステムi-DCDに採用されているDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)システムのリコールが連発していることでしょうか。

DCT自体が新しい技術なので、多少の不具合は仕方がないとしても、DCTを搭載していないガソリン車モデルででもフィットと同じようにリコールが出ており、不安を募らせてしまっています。
更に、DCT自体も何度もリコールを出しては結局改善していない、という話を聞きますし、ホンダのディーラーの営業マンも「不具合を覚悟して乗れないなら、まだ買わないほうがいいです」という発言すらでているようです。

それにしても、エクステリアとインテリアのかっこよさは魅力

システム的なトラブルはあるにしても、やはりインテリアもフィットベースとは思えないほど洗練されていますし、車高が高くなって凛々しい顔立ちとなったエクステリアは男には魅力的に移りますよね。

ヴェゼルの値引きを引き出す対抗ライバル車種

ヴェゼルのライバルとしては、小型SUVの市場を切りきらいた日産ジューク、スカイアクティブディーゼルで一斉を風靡したCX-5、安全性能抜群のアイサイト搭載のスバル インプレッサXVが直接の競合に当たるでしょう。
また、先日発表されたマツダのデミオベースの小型SUV CX-3や、アクアのSUVバージョン、X-URBANも競合してくるでしょうから、今後は小型SUV市場はかなりの激戦区になってくると思われます。

そうすると、やはりトランスミッションの不具合・リコール多発や、走行安全装置の開発の遅れが響いてヴェゼルの販売台数の落ち込みも多いに予想されますので、さらに値引き幅も拡大できると思われます。特に、CX-5やCX-3はハイブリッドで内にもかかわらず、ディーゼルエンジン採用で高速走行での燃費と、トルクフルな走る楽しみを両立していますので、走り好きのホンダ好きにとっても興味深い車種で、競合はかなり激しくなります。ですので、このあたりを値引き交渉の念頭においていただくと、値引きを大きく引き出しやすいとおもいます。

値引きのコツ

基本的には、車両本体からの値引きはかなり絞られているので、オプションからの値引きをどれだけ増やせるか、にかかっていると思います。
オプションを少なくしてしまうと、その分値引きできる幅が限られてしまいますので、ナビなどの高額で、利益率の高いオプションで値引きをしてもらうように交渉し、最後に「コーティング無料でやってね」とか「フロアマットはサービスしてね」と印鑑を付く前に値引きを念押しして最後のひと押しをしてみるのがいいと思います。

ライバル車とぶつけて競合させるのも重要なのですが、一番大切なのは「僕はこの車が欲しいんです、ただ予算の関係で・・・」と、前向きな姿勢をちゃんと見せてあげることが必要です。
買う気がないように見えてしまうと「じゃあ値引きしてくれる他社で買ったらどうですか?」と言われてしまいます。やはり、営業マンも人間ですから、人と人の信頼関係をちゃんと築くことが重要です。

新型ヴェゼルに関するユーザーからの口コミ

ホンダらしくないデザイン

個人的に、見た目的にはバッチリのホンダヴェゼル。
角度によって多少雰囲気が変わるのですが、横から見たスタイリングが一番素敵ですね。

サイズ的にはSUVとしては若干小さめということで、誰にでも運転しやすいと言えますね。排気量から考えてもこの位がベストかな、と思います。

ところでヴェゼルの室内空間と言えば、ここはやはりいかにもホンダ、という感じで作られています。
どちらかというと落ち着いた、あっさりとした感じのつくりですね。
個人的には、AVモニターが若干運転席側に向いているのが残念と感じますが、ナビの操作メインということで考えたのでしょう。

さて、エンジンは1.5Lのノーマルとハイブリッド仕様がありますが、何となくですが燃費的にはあまり違いが無いのかな、と感じます。
特に4輪駆動になると燃費が悪いですね。
一応SUVなのですが、まあFFで十分と思うのであればノーマルで良いかもしれませんね。

個人的な意見ですが、色でイメージが全く変わってしまうので、重い雰囲気を出せるカラーが良いような気がします。
金額的にも手を出しやすい車ですので、皆さんに乗ってほしいですね。

フィットと見分けが付かない

昨今増えてきたコンパクトSUVというタイプにヴェゼルも分類されると思います。コンパクトSUVは高いアイポイント、充分な荷室、走破性の高いSUVでありながら取り回しの利くコンパクトな車体サイズ、SUVやワンボックス車よりも高い燃費性能が魅力だと考えています。よってコンパクトカーよりも大きいサイズで、SUVやワンボックスよりも使い勝手が良い車を希望する人向けだと思います。

マツダCX-5・日産ジューク・三菱RVR等が比較対象だと思いますが、ヴェゼルの強みはハイブリットエンジンでしょう。ちょっと高いですが。ただ、1.5Lエンジンということで車体の割に若干パワー不足かと予測されます。

また、悪路走破性・4WD性能に関しては、ホンダというメーカー名からしてあまり信頼感はありません。デザインは好みですが、最近の日本メーカーは海外ブランドに倣っているせいか、フロントグリルの共通化を始めました。よって素人目にはヴェゼルもフィットも見た目は分からないと思います。マイナー嗜好の自分のような人種に取っては、選択肢から没個性という理由で選択肢から外れます。
また、ホンダの車体塗装もイメージがよくないため、色の劣化も心配です。
総合的に見て、四駆性能は気にしないし山にも行かないが、何となくSUVっぽいものに乗りたいという女性向けの車ではないでしょうか。

ヴォクシーからヴェゼルに乗り換え

我が家は、今年に入ってから、ホンダのヴェゼルになりました。今までは、トヨタのボクシーでしたので、ワンボックスタイプのため、車高が高く、車内は広々としていましたが、最大の難点は、車体が大きて、女性である私が運転出来なかったことです。

ヴェゼルに乗り替えてから、大きさもちょうど良く、安心して買い物などの運転を自分でも出来るようになって本当に便利になりました。

女性目線で内装を考えると、ティッシュやウエットティッシュを置くスペースが無いため、多少の不便を感じています。また、特に寒い時期に走行し始める時のエンジン音の異音が気になりました。ゴーという低い音が、アクセルを軽く踏んだ時に鳴ったのでディーラーに持って行って調べてもらいましたが、特に不調な所は無かったので、そのまま乗り続けています。その時の説明では、エンジンの回転数が高くなるほど、モーターの抵抗を低くしているので、問題はないそうです。その他は快適なドライブを楽しめる車です。

後部座席が窮屈だがコンパクトで取り回しはイイ

先日車検時にベゼルハイブリットを貸してもらえたので1日試乗してみました。見た目はでかいなという感じを受けましたが運転席にのってみるといがにコンパクトに作られていました

ただ車高が高く窓が大きいせいかかなり安心して運転することができました。加速などは車体の重さもあるため発進時に少し重たい感じがしますが、通常はあまりストレスを感じなく運転を楽しむことができます。エンジンもハイブリットのため結構静かでエンジンを少し回してみたぬですが全くストレスなく加速していきました。

内装としては前席はかなりゆったりと座れますが後部座席はすこし窮屈かなという印象です。特に頭部はちょっと狭いかなと感じました。しかしトランクはハイブリット車にしては結構広いなという印象でした。

この車は「本格的なSUVは大きくて取り回しは大変だけど普通の車はいやだという方」にはコンパクトによくまとまったSUVなのでかなりお勧めできるくるまではないかなと思います。

端正なフロントマスクがカッコ良くて好き

ヴェゼルは丸みのあるボディに仕上がっているにもかかわらず、フロント部分がカッコよく作られているので結構好きです。

カラーバリエーションもかなり豊富で、色々と選べる点が多い所に魅力を感じます。SUVの車ではありますが、力強さに加えて見た目の意識も結構強くあるのかなという気持ちがあり、これまでの車にしてはすっきりしている所も見えます。

多くの人が乗車できるほどのスペースと、くつろぎながら乗ることが出来る制御部分にも凄さを感じています。

ハイブリッド仕様なら燃費もかなりいい方なので使いやすそうです。色々な地方で活躍しそうな車だと思うので、これからも売り上げが伸びてきそうな感じがします。

流れるようなデザインに惚れる

最初に目に付いたのは形でした全体的にフロントタイヤの横からドアに流れるデザインが気に入りました。
もともとドライブが好きで市街地から自然など結構、いろいろな所を走るのですが、ベタベタのスポーツ車は困りますが家族も乗れて、少し軽快に走れる車を探していました。

そこでヴェゼルを試乗してみました。走りは市街地での低速から中速は、大人しい感じの印象でした、しかし加速が必要な所などでは、しっかりと加速してくれるので良かったです。

全体的に足回りが、しっかりしているせいか低速でのエンジンの大人しい部分は気にならず軽快な走りが楽しめました。
運転席はホールド感が強くスポーツ感が、あるので運転している時、一体感が、あり楽しめました。

インテリアはシンプルな作りになっていますが、もともと車の中に物は置かない方なので中の雰囲気も気に入っています。
燃費に関しては走る場所や走り方によって変わりますがカタログ上の数字でいいかなと思っています。
もし購入したら、いろいろな所を走ってみたいですね.

ヴェゼルのキュッと締まった姿が気に入りました!

ホンダのHPでヴェゼルの姿をひと目見て気に入りました。そのキュッとしまったボディーが私好みでした。

ホンダによると、ヴェゼルの名前は英語のbezel「カットした宝石の小さな面」とvehicle「車」を合わせてできた名前だそうです。確かに見る角度によってはいろんな表情を見せてくれるのがいいですね。

ヴェゼルは一見クーペのようなSUV車。5人乗り5ドアの車です。がしかし2ドアにしか見えません。内部からは後部ドアのハンドルはしっかりあるのですが、外部からはどうしても後部ドアのハンドルが見当たらないのです。

しかしちょうど給油口のすぐ上にある三角の凹んだ部分に目をやりますと、その秘密が判明されます。一見2ドアのように見えますが、しっかり5ドアの車なのです。これは、リアウィンドウにデザインで一体化しているため、ドアハンドルが目立たなくなっているためで、日産のジュークも同様ですね。

しかしヴェゼルは外見は比較的コンパクトにもかかわらず、内部は意外に広いので助かります。何といっても簡単なスイッチ操作でシートアレンジが自由にできるので大変便利です。わりと背丈のある物を買っても乗せてこられるのが良いですね。

そしてキュッと締まったボディーのヴェゼルには、やはりキュッと締まったカラーが良く似合うもの。私はミスティーグリーン・パールが好きです。HPを開くとすぐに目に飛び込んでくる、あのピシッとしたカラーにひと目ぼれでした。

外見は大きすぎず、キュッとしまったヴェゼルにいつか乗ってみたくなりました。

ヴェゼルのライバルはCX-3

最近マツダが「CX-3」というヴェゼルと同じような車を発売しました。このCX-3も新型デミオをベースに開発された車でエンジンは1.5リッターのディーゼルエンジンのみがラインナップされています。最近のマツダ車のディーゼルエンジンはとても評判が良く、走りにもこだわっています。サスペンションやシートは硬めで長時間運転しても疲れず、インテリアの質感もよく高級感があります。

一方のヴェゼルは内装の質感はとてもよく高級車のようだと評判はいいのですが、乗り心地などは意外と普通だといわれています。肝心の価格はあまり変わらず完全なライバルですので、購入を考えている人は試乗してそれぞれの違いをよく把握したうえで購入してください。

リコール続きでちょっと心配なヴェゼル

「ホンダ・ヴェゼル」は昨年ホンダが発売したコンパクトSUVで、フィットとプラットフォームを共用しているヴェゼルですがこのハイブリッドモデルにはツインクラッチが搭載され話題になりました。

ツインクラッチはフォルクスワーゲンやアウディなどの輸入車にはたくさん搭載されていましたが、国産車では「ニッサン・GT-R」だけでした。これがコンパクトカーにも搭載されたので話題になりましたが、これがトラブル続きでリコールを繰り返しています。最近はトラブルも落ち着いてきたようですが、ちょっと心配だと思います。

こうしたトラブルが続くのは、このトランスミッションはドイツ製だからということですが、ホンダは世界的なメーカーなので大丈夫かなあ・・・と思いますね。でも世界のホンダなのでトラブルが起こればしっかり対応すると思いますので、そのあたりはディーラーのセールスマンに確認してください。

ちょっと中途半端なヴェゼル?

「ホンダ・ヴェゼル」はフィットをベースに開発されたコンパクトSUVですが今までこうしたジャンルの車ってなかったので、結構注目されていますね。その他のベゼルの特徴として、内装がこのクラスの車としては豪華に作られているのも特徴です。フィットに搭載されているハイブリッドモデルもありますし、燃費も良さそうなので人気の車種のようですね。

でもこのクラスの車にしてはちょっと価格が高いのが難点だと思います。ガソリンモデルの最も安いグレードでも200万円弱しますし、ハイブリッドモデルの上級グレードなら300万円弱になります。
300万円出すともっと排気量が大きい高級車や、フォルクスワーゲン・ゴルフのような輸入車も購入でき、選択肢も広がってきます。こうした車の方がしっかり走りますので、長距離運転しても疲れません。
ヴェゼル確かによい車ではあると思いますが、購入する人も限られしばらくすると人気がなくなるのではないでしょうか。

雪国住まいだとやはり4WDが安心

ハイブリッド車でも当たり前のように4WDの設定があって、なおかつSUVスタイルの車体で地上最低高が十分に確保されている、というのは雪国住まいにとってはとても安心感の高い部分です。

一般的にSUVはコンパクトな車であっても燃費に関しては目をつぶらなければいけないケースが多いので、そこにあまり気を遣わなくても良さそうなハイブリッドっていうのはポイント高いと思います。

また、あまり大きすぎる車体はいくら田舎町でもやはり日本の交通事情にはマッチしない気がします。冬道はどうしても町中では道幅が狭くなるものですし。そういった諸々を考えるとヴェゼルはうってつけの車に思えます。

あとは純粋に興味としてホンダの新しいハイブリッドシステムに興味がありますね。後発の分だけ、トヨタのハイブリッドシステムよりもより合理的に思えます。

発進時、モーター動力のみで動き出せるハイブリッドって、恐らく雪道には相性がいいと思うのですよね。モータはエンジンなどよりはるかによい反応で緻密な制御が可能ですから。その辺りもどこかで確かめてみたい、というのもあります。

スマートなキャラクターに魅了されるホンダ・ヴェゼル

今、私が国産車で一番欲しい車の一つがホンダ・ヴェゼルがです。

住んでいる場所が山の中なので勾配区間が多く、冬はそれなりに降雪がある上、溶けた後に凍結する事が多いので、出来ればFF車よりも4WD車の方が望ましい状況です。
又、道路の幅員が狭いので、あまり大きいクロカン車などは取り回しや離合が難しくなるので、避けたいところです。
そんな状況下で、車を1台選ぶとすれば、ホンダ・ヴェゼルがベストの1台なのです。
ヴェゼルの4WDシステムは、雪道の走破性の高さには定評がありますし、ボディサイズも程良い大きさなので、狭い山道でも持て余す事はなさそうです。
そして、ハイブリッド車なので燃費が良い点も、うれしいポイントです。
又、そんな理屈以前に、スタイリングの良さにも惹かれます。
SUVとクーペを融合したようなクロスオーバースタイルはなかなか都会的で、素直にかっこいいと思えるデザインです。
厳ついクロカンSUVはどちらかと言うと苦手ですが、ヴェゼルのようなスマートなクロスオーバーSUVは大歓迎です。

ヴェゼルの値引き額を最大にして車を購入する方法

同じ車を買うなら、少しでもやすく買いたいですよね。最大限の値引きを獲得するためには、知っておかなければいけないこと/やらなければいけないことが3つあります。

▼  ▼  ▼

オススメの中古車一括買取査定サイトランキング!!

中古車一括買取査定ランキング1位かんたん車査定ガイド(無料)

東証第一部上場の株式会社エイチームが運営する一中古車括買取サイトが「かんたん車査定ガイド」です。信頼できる50社以上の買取業者の中から、あなたに最適な最大10社への一括査定依頼ができます。エイチームは引っ越しの一括査定「引越し侍」なども運営しており、一括査定サイトとしては業界最大手なので、安心してご利用いただけます。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング2位カービュー愛車無料一括査定(無料)

皆さんおなじみの車情報SNSのみんカラを運営しているカービューの愛車無料一括査定サイトです。ガリバーやアップルなどの中古車買取業者の中から、あなたにあった買取業者を厳選し、最大8社からの買取金額の見積もりを受けられます。これまでに380万人が利用しているので、安心ですね。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング3位ズバット車買取比較(無料)

「ズバット車買取比較」は東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーが運営。かんたん車査定ガイドよりも協賛買取業者の数が多く、150社以上の中から、エリアや条件に合わせ、最大10社へ査定依頼が可能です。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

ヴェゼルの値引き体験談

ヴェゼルに一目惚れして購入

先日、ホンダのSUVヴェゼルを購入しました。前々からコンパクトなSUVが欲しかったのですが、ホンダからヴェゼルが登場したとき、これしかないと一目惚れでした。惚れこんだ理由は、まずデザインが良いということです。フィットからの派生車とは思えないエクステリアデザインのかっこ良さ、インテリアもコンパクトSUVとは思えないほど高級感があって好印象でした。ホンダの車は、どちらかというとインテリアが殺風景だったり、どこかおもちゃっぽい感じがして好きではなかったのですが、このヴェゼルは全く別物ですね。

二つ目にハイブリッドカーであることです。燃費が良いというのはガソリン代が高騰している時代にあって、無視できない重要な要素ですよね。ところで、値引きに関しては、最初5万円と超渋かったのですが、交渉しているうちに15万円まで引き出すことができました。競合車として選んだ、スバルXVが効いたようです。値引きを期待するなら競合車は必ず必要ですね。

SUVを探していた時にヴェゼルの値引きが良かったので

普段は車を通勤にしか使わないのですが、釣りが趣味なので週末や休みなどには結構山にも海にも行くことがよくありました。
そのため、車を買うならSUVだなと考えていたのですが、車種は別にどれでも良かったので後は金額しだいかなと考えていたのです。
色々店を回っては見たものの、SUVは人気があるだけにどこも値引きに関してはイマイチで、これだというものがありませんでした。
そこで、最後に訪れたときにヴェゼルを眺めていると営業マンが候補になる車はあるかと聞いてきたので、SUVならどこでもいいのだが値引きが渋くて考え中だと答えました。
すると、営業マンは金額が折り合えば購入しようと考えているわけですねと言ってきたので、そうだと答えたのです。
そこでとりあえず見積もりを出してもらった所、わりと良い金額を提示してきてくれたのです。
おそらく、他で値引きが渋いといっただけに少し大きく値引けば、契約が取れると思ったのかもしれません。
しかし、こちらとしても都合のいい話で、それから本格的に交渉をしてもう少し安ければという雰囲気を出して交渉をしたところ、交渉一回目で満足行く値引きができヴェゼルを契約することになりました。

SUVならヴェゼルとキメてました

車を買い換えることになり、色々な車を検討していたのですがSUVならヴェゼルにしようとこれは最初から決めていました。
他の候補にはワゴンやミニバンと色々あったので、どれにするか正直決めあぐねていたので、とりあえず実車を見て決めようとディーラーに行くことにしたのです。
スタイリングが好みでヴェゼルにしようと思っていたため、内装を見たのは初めてですが、これもまずまず気に入りました。
そこで、ひとまず見積もりをもらって商談に入ることにしたのですが、SUVならこれにするけれど他の車種も検討中と答えました。
ヴェゼルを選ぶにあたって、金額がネックになっていたのでそれも伝えた所そこそこの金額の値引きをしてもらえることができました。
それでもまだ、予算がオーバー気味だったのでひとまず見積りを家に持って帰り、再検討をすることにしたのです。
そして、自分なりにオプションを削るところは削り、お金をかけるところは掛ける攻勢で再度商談に臨んで積極的に値引き交渉をした結果、納得の行くラインで契約をすることができたのです。

あなたのご協力が必要です!値引き金額を教えて下さい!

このサイトの値引き金額情報は、皆様からのご協力で成り立っています。
参考になったと思われた方は、今度はあなたがみんなを助ける番です。

ぜひ、こちらから値引き情報を投稿してください!

オススメの中古車一括買取査定サイトランキング!!

中古車一括買取査定ランキング1位かんたん車査定ガイド(無料)

東証第一部上場の株式会社エイチームが運営する一中古車括買取サイトが「かんたん車査定ガイド」です。信頼できる50社以上の買取業者の中から、あなたに最適な最大10社への一括査定依頼ができます。エイチームは引っ越しの一括査定「引越し侍」なども運営しており、一括査定サイトとしては業界最大手なので、安心してご利用いただけます。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング2位カービュー愛車無料一括査定(無料)

皆さんおなじみの車情報SNSのみんカラを運営しているカービューの愛車無料一括査定サイトです。ガリバーやアップルなどの中古車買取業者の中から、あなたにあった買取業者を厳選し、最大8社からの買取金額の見積もりを受けられます。これまでに380万人が利用しているので、安心ですね。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング3位ズバット車買取比較(無料)

「ズバット車買取比較」は東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーが運営。かんたん車査定ガイドよりも協賛買取業者の数が多く、150社以上の中から、エリアや条件に合わせ、最大10社へ査定依頼が可能です。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

そのまま下取りに出したら、損するかも・・・? あなたの車の価値はいくら?無料査定!