新型フィットの最新値引き金額相場

フィットのフロント画像
フィットのリア画像
フィットのインパネ画像

※画像は旧型や海外版の場合が有ります ※画像提供:カーセンサーnet

グレード 地域 車両値引き オプション値引き 合計値引き金額 -
フィット
RS (MT)
中部長野県 15万円 5万円 20万円
フィット
RS (MT)
九州福岡県 15万円 - 円 15万円
フィット
13G Lパッケージ
大阪府近畿 5万円 15万円 20万円
フィット
13G Fパッケージ
東京都関東 10万円 15万円 25万円
RS(MT) 北陸新潟県 5万円 5万円 10万円
15XL 東京都関東 15万円 - 円 15万円
13G L Package 大阪府近畿 5万円 15万円 20万円
13G F Package 東京都関東 10万円 15万円 25万円
13G F Package 千葉県関東 15万円 - 円 15万円
HYBRID S Package 神奈川県関東 5万円 25万円 30万円
HYBRID S Package 4WD 山形県東北 20万円 10万円 30万円
HYBRID L Package 4WD 東北青森県 5万円 20万円 25万円
HYBRID S Package 四国高知県 15万円 5万円 20万円
HYBRID F Package 中国鳥取県 15万円 5万円 20万円
HYBRID L Package 埼玉県関東 10万円 10万円 20万円
平均値引き相場: 21 万円
15件の平均

あなたのご協力が必要です!値引き金額を教えて下さい!

このサイトの値引き金額情報は、皆様からのご協力で成り立っています。
参考になったと思われた方は、今度はあなたがみんなを助ける番です。

ぜひ、こちらから値引き情報を投稿してください!

新型フィットの値引き額を最大にして車を購入する方法

同じ車を買うなら、少しでもやすく買いたいですよね。最大限の値引きを獲得するためには、知って置かなければいけないこと/やらなければいけないことが3つあります。

下取りに出すよりオススメ!一括査定サイト

中古車一括買取査定ランキング1位
▼こちらをクリック▼

かんたん車査定ガイド(無料)
▲こちらをクリック▲
中古車一括買取査定ランキング2位
▼こちらをクリック▼
ハリアー
カービュー愛車無料一括査定(無料)
▲こちらをクリック▲

新型フィット3ハイブリッドの魅力

フィット3といえば、やはりハイブリッドモデルの燃費ではないでしょうか?アクアの37km/Lに抜かれてしまいましたが、フィット3ハイブリッドは36.4km/Lと世界最高レベルです。

また、今回の新型フィットから導入されたDCT(デュアルクラッチトランスミッション)による滑らかな加速フィーリングも魅力です。
これまでのCVTでもギアチェンジが不要なベルト式になっているため、無段階のスムーズな加速が可能でした。ただ、CVTでは加速がリニアな代わりに踏んだアクセル量と加速感が一致せず、「なんだか思い通りに動かないなぁ」という印象を持つドライバーが多かったのも事実です。

そこで登場したのがデュアルクラッチトランスミッションです。発売当初〜ヴェゼル(フィットのSUV版)発売時はこのDCTの制御にトラブルが多発して、リコール騒ぎなどが起こっていましたが、セダン版フィットのグレイス発売あたりから、DCTのトラブルも非常に減ってきており、スムーズな加速感+アクセル量加速感の比例が一致して、すごく乗りやすい車に仕上がってきています。

走る喜びの有る車といえば、スバル車やマツダ車が最近ではよく選ばれていますが、スポーツ走行まで求めなければ、フィットハイブリッドでも十分運転する楽しみを感じられると思います。

「走りをもっと極めたい」という方には、RSグレードがオススメです。

 

新型フィットに関するユーザーからの口コミ

フィットハイブリッドはガソリン車感覚で乗れる

ホンダの「フィット・ハイブリッド」はトヨタの「アクア」がライバルです。ボディサイズも排気量も同じくらいですが、アクアは燃費を稼ぐために空気抵抗を抑えたデザインになっているので、後席やトランクが低いですが、フィットは後席の居住性もよいのが特徴です。

またハイブリッドのセッティングも違います。トヨタはモーターを積極的に使って燃費を稼ぎますが、フィットはあくまでもエンジンが主体で、あまりハイブリッドカーに乗っているという感じがありません

なので今までガソリン車に乗っていた人や、ハイブリッドカーが嫌いという人はフィットの方がなじめると思います。またアクアはスピードメーターがデジタルで見にくいですが、フィットは従来からのデザインなのであまり抵抗なく乗れます。

一方、フィットの弱点はアクアに比べて燃費が悪い点です。あくまでエンジン主体なのでアクアほどの燃費は期待できず、もう少し燃費が良ければうれしいのになあ・・・と思います。

義父のフィットを運転させてもらった

義父がフィットハイブリットを購入したので運転させてもらったのですが、よくできている車だなというのが正直な感想です。

私はプリウスに乗っていたので両方と乗り比べながら運転したのですが、運転したときは大人4名を乗せていたのですが発進時もプリウスほど重い感じもなくスムーズな出だしで加速もそこそこだった感じがしました。ただ高速走行はしていないので高速時の加速は何とも言えませんが街中での加速ではストレスなく流れに乗ることができました。

内装は私が乗っていたプリウスと大きく変わりはありませんが、特に電装系統はかなり進化しているなという感じを受けました。

また燃費についてもプリウス以上の数値が出ていたのでよくできたハイブリットシステムだなと感じました。十分この車を選ぶ価値はあるのではないかと思います。

フィットとアクアで検討中

今乗っている車も今年の8月で12年になります。来年の車検までには車の買い替えを検討しているのですがホンダFITとトヨタのプリウス/アクアのどちらを買いたいと思っています

本来はフィットが一番でしたが相次ぐリコールにより少し買うのを考えてしまいました。

燃費はアクアの方が上だと思うのですが、個人的にはデザイン、内装、装備などはフィットの方が好きです。アクアの方は、リコールなども少なく人気もありトヨタらしい安定した万人受けするデザインでさすがトヨタだと感心します。

現在の所はハイブリット車しか考えていないのでどちらかになるとは思うのですが、まだ来年まで考えてフィットが改善されればフィットを買う事も検討したいと思います。

しかし、家族の間ではリコールの多いフィットよりもアクアを推す声が強いので説得するのが大変です。

安全装備に関しては、アクアよりもフィットの方が充実しているみたいなので、これからのフィットの巻き返しに期待して来年車検までにどちらを買うか決めたいと思います。

旧型オーナーから見たフィット3

私は、以前初期モデルと思われるホンダ社のフィットを所有していました。(平成15年式)
この当時のフィットから、コンパクトカーであるものの他社のコンパクトカーと比較して非常に中のスペースの広さ、開放感を感じました。
当時の外観も良いと思っていましたが、現在街中で見かけるフィットハイブリッド車は、外見がさらに良くなって、なおかつ燃費も良いハイブリット車となり、次の乗り換え時に購入を検討したいくらいの車です。

ライバル車種と比較すると、カラーのバリエーションについては、他社の車が蛍光色の車種等を販売して選択肢が増えすぎたために、あまり多いとは思えなくなりましたが、白や黒、シルバーなどの従来からある人気色でも満足できる外観ではないかと思います。

また、コンパクトカーが好きな方であれば、この車の乗り心地も非常に満足できると思います。

ハイブリット車に共通して言えることですが、とにかく燃費が良く、音が静かな点は多くの所有者にとって喜ばれることだと思います。小回りに関しても、非常に操作が楽だと感じました。

フィット、乗り心地が気に入りました。

車を乗り換えするにあたって何台か試乗しましたがフィットハイブリッドが、いいかなと思っています。

燃費が良いのがカタログで目につき、他の車と比較しましたが乗り方や条件によって、かなり変わってしまうので参考程度に見ています。

内装は、しっかり作られていてシートの形が自分の体系に合っているのか乗っていてホールド感があり落ち着いた感じで運転できました。

その他に気に入ったのはLEDライトです。車の中が青い色で彩られ夜間の走行中は異空間に、いるような感じになのではないでしょうか。

パネルの操作性も良くタッチパネルは、いいですね。

何台か試乗してみて一番、良かったのは乗り心地です街中で乗りました、すごく安定していたように思います、音も静かでした。デザインも気に入っています印象に残るフロントマスクから全体的にコンパクトに、まとまった感じが好きです。
細かい事は、いろいろ、あると思いますが、やはり見た目と乗り心地が最終的な決め手ですね.

トヨタにはないホンダのスピリッツ

私はホンダのフィットハイブリッドが好きです。ハイブリッドと言うとトヨタのプリウスなどの方が売れているのでしょうが、トヨタにはスピリットが感じられません。ただ技術をひけらかしているような気がします。

ホンダには本田宗一郎氏のスピリットがあります。ホンダはトヨタとは違うアプローチをしています。

ホンダのフィットハイブリッドが好きな理由には、デザインもあります。トヨタのデザインはダサいでしょ?ホンダのデザインは革新性を感じます。デザイン面でもホンダスピリットを感じます。ホンダはまたF1に復帰しましたが、そこでもホンダらしさを貫いています。他にはないことをしようとしています。ホンダのF1にもホンダスピリットがいつもあります。若い技術者を使うところにもそれが表われていると思います。あの16戦で15勝したマクラーレン・ホンダのような活躍を期待するから、アロンソとバトンがドライバーになったのでしょう。マクラーレンも同じだと思います。だから私はホンダのフィットハイブリッドが好きなのです。

運転して楽しいフィットハイブリッド

「ホンダ・フィットハイブリッド」はトヨタ・アクアのライバル車で売り上げを競っていますが、それぞれには特徴があって結構キャラクターの違う車です。

アクアはエンジンをできるだけ回さないようにして車を動かします。これはトヨタのハイブリッドシステム全体に言えることですが、これが好きだという人も結構います。一方、フィットハイブリッドはあまりハイブリッドカーという感じがせず、モーターはアシストという感じです。これもホンダのハイブリッドシステムの特徴です。

燃費の面ではアクアの方が優れていますが、運転して楽しいのはフィットハイブリッドの方だと言われていますので、運転が好きな人はフィットの方がオススメだと思います。また価格面ではほとんど同じですが、アクアは燃費を稼ぐために空気抵抗を重視しているため、後席は狭めです。

でもフィットハイブリッドはトラブル続きで、リコールを何度もしていますので、信頼性はちょっと心配です。

女性は車を選ぶとき、意外と内装を見ています

私は車に限らずどんな商品もデザインを最優先して選んでしまうのですが、スタイリッシュな内装がとてもかっこよくていいなと思いました。
また嬉しいのが小さな収納スペースがいくつもあることです。
車は単なる移動手段ではなく、第2の部屋だと思っていますので小さなこだわりは本当に嬉しいです。
フロントガラスが紫外線を約99%カットしてくれるのも魅力的です。車での移動は便利だけど、窓で囲まれた場所にいるのですから紫外線対策をしっかり行わないと気がついたら顔や腕は日焼けだらけ。その対策で出掛ける前に日焼け止めクリームを塗ったり、UVカットの働きがあるパーカーを着ていたりしたのですがフロントガラス自体がその機能を行ってくれるのは非常にありがたいです。

運転席と助手席にシートヒーターが装備されているのはびっくりしました。
ドライブをするのは好きですが、寒い日はやはり少し憂鬱になりがちなのですがこの機能があれば体も温まって快適なドライブができます。
もちろん安全性も優れていますし、ボディカラーも豊富にあるので自分好みの車にすることができると思います。

DCTが魅力のホンダ・フィットハイブリッド

国産コンパクトカーの中でも、ホンダ・フィットハイブリッドは、かなり食指の動く車種の1台です。
まず、ライバル車を圧倒するスペースユーティリティーがあるので、荷物を沢山積みたい場合などにアドバンテージがあります。
そして、何と言ってもハイブリッドですから燃費の良さは圧倒的で、ガソリン価格が高騰する事もある昨今、無視出来ないメリットになります。
今を時めくマツダ・デミオXDのディーゼル車と比較しても、カタログ燃費では勝っています。

トヨタ・アクアよりは僅かに劣るものの、殆どあってないような差ですし、何よりフィットハイブリッドにはアクアにはないメリットがあります。それは、国産車には珍しく、トランスミッションにDCT方式を採用する点です。
しかも、7速ですから、コンパクトカーにしては奢っています。

多段式トランスミッションならではの、エンジン回転が上下しながら加速する自然なドライバビリティーや、DCT特有の切れ味良い変速フィールなどが、大きなアドバンテージになっています。
ただ、度重なるリコール問題が、ちょっと気になるところです。
その点さえメーカーがきちんと対応すれば、このクラスでベストの1台でしょう。

目新しさは無いが安心感のあるホンダのフィットハイブリッド

ホンダのフィットハイブリッドを最初に見た感想は、特に変わったデザインだという印象は無く、「普通」の車という感じです。ただそのせいか何故か安心感があるデザインだと思いす。

正直いいますと、個人的にはトヨタのアクアのようなシャープな横顔が好きです。しかし正面の顔に関してはフィットの顔の方に好感が持てます。なぜかほっとする顔つきだからです。

フィットハイブリッドは、カラーがビビッドスカイブルーやイエローといった私好みの色から選択できるのが嬉しいです。色で気分が変わりますからね。

またフィットのインテリアですが、トヨタのヴェルファイアのような豪華さはありませんが、全体的にシンプルで落ち着けるデザインが良いと思います。

私のようにホームセンターで道具などを買うことが多いと、少し大き目の荷物を積める車が便利です。この点ではフィットハイブリッドは悪くないと思います。後部座席を倒すことで広い空間が生まれ、スーツケースや小型自転車などの大き目の荷物が積めるようになっているからです。

安心感のあるボディーラインで、ゆとりのあるドライブができそうなホンダのフィットハイブリッド。選択のひとつに考えても良いかも知れません。

システム的な合理性では一歩進んでいる気がします

ホンダの現世代のハイブリッドシステムは、アコードに搭載の2モーターシステムも、FITなどに搭載の1モーターシステムも、どちらも後発の分、システム的にはトヨタのハイブリッドシステムよりもすごく合理的に出来ている気がします。

FITの1モーターシステムの方は、高効率のデュアルクラッチトランスミッションと組み合わせて、DCTのぎくしゃくしがちな微低速はモーター駆動でまかなっちゃおう、とか、すごい発想の転換だなぁ、と感心しました。

アコードの2モーターシステムに至っては、基本、変速ギアなしですもんね。最初に仕組みを聞いたときには驚いて、次にものすごく感心しました。ある意味技術志向の強いホンダらしいシステムだなぁ、と思います。

新型NSXに載ってくる次のハイブリッドシステムも、どういう世界を見せてくれるのかとても楽しみです。もちろんそれこそ宝くじでも当たらない限りは、とてもとても手の出せる世界ではないですが、でもどこかで一度試乗ってしてみたいものなぁ、と思います。

そういう車に対する憧れみたいなものを提供してくれる車種ってなくなってしまいましたから、そういう点でも貴重な車になるのかもしれませんね。

無理をしないおしゃれのような車

私は全く車には詳しくなく、善し悪しなんていうのは主観的にしか感じることができませんが、ホンダのフィットハイブリッド乗って1年、これ以上の車はないんじゃないかというくらい気に入ることができました。

ハイブリッド車なので燃費が非常に良いことがその大きな理由の一つです。給油の機会が以前のっていた車と段違いなので、ガソリン代を気にせずドライブを楽しむことができます。私はケチな性格をしているので、以前は急な用事で呼びだされた時にガソリン代が気になってしまっていましたが、それもほとんどなくなりました。

フィットハイブリッドの気に入っている点は外見にもあります。これは完全に主観ですが、Vitsやマーチなどの似たような車に比べて見た目の玩具臭さが少なく、しっかりとしたように見えます。

さすがにクラス違いのアウディやレクサスなどといった高級車には見劣りするところがありますが、最近よく見るアクアやプリウスには引けを取らないように感じます。これはあくまで好みの問題ですが、私にとってフィットは無理をしないおしゃれのような車です。

フィットの値引き額を最大にして車を購入する方法

同じ車を買うなら、少しでもやすく買いたいですよね。最大限の値引きを獲得するためには、知っておかなければいけないこと/やらなければいけないことが3つあります。

▼  ▼  ▼

オススメの中古車一括買取査定サイトランキング!!

中古車一括買取査定ランキング1位かんたん車査定ガイド(無料)

東証第一部上場の株式会社エイチームが運営する一中古車括買取サイトが「かんたん車査定ガイド」です。信頼できる50社以上の買取業者の中から、あなたに最適な最大10社への一括査定依頼ができます。エイチームは引っ越しの一括査定「引越し侍」なども運営しており、一括査定サイトとしては業界最大手なので、安心してご利用いただけます。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング2位カービュー愛車無料一括査定(無料)

皆さんおなじみの車情報SNSのみんカラを運営しているカービューの愛車無料一括査定サイトです。ガリバーやアップルなどの中古車買取業者の中から、あなたにあった買取業者を厳選し、最大8社からの買取金額の見積もりを受けられます。これまでに380万人が利用しているので、安心ですね。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング3位ズバット車買取比較(無料)

「ズバット車買取比較」は東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーが運営。かんたん車査定ガイドよりも協賛買取業者の数が多く、150社以上の中から、エリアや条件に合わせ、最大10社へ査定依頼が可能です。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

フィットの値引き体験談

フィットの決め手はオンボロカローラの下取り価格だった

我が家の車は10年以上も使っている草臥れたカローラバンです。もう結構オンボロなので買い替えを決意したわけです。候補に残ったのが価格帯で競合するホンダのフィットとトヨタのアクアでした。

でもカタログを見比べてもなかなか結論が出ません。結局ディーラーをハシゴして試乗車を乗り比べてみることになりました。

実は父がトヨタ押しで意見が割れていたのです。実際にアクアとフィットを乗り比べてみた感じでは、フィットの方が座席もゆったりして動かしやすい印象でした。ディーラーとの交渉ではトヨタがすごく強気で全然まけてくれません。それに対してホンダは消費税分をおまけしてくれたりオプションも色々付けてくれるなど大サービスです。

そして決め手となったのがカローラの下取り価格でした。トヨタの提示額は5万、しかしホンダはなんと15万も提示してきました。カローラがマニュアル車だったのでかなり割り増ししてくれたようです。この査定結果が逆だったら父はアクアを選んでいたことでしょう。車の性能よりも下取り価格が購入の決め手となるのは少し世知辛いかもしれません。

あなたのご協力が必要です!値引き金額を教えて下さい!

このサイトの値引き金額情報は、皆様からのご協力で成り立っています。
参考になったと思われた方は、今度はあなたがみんなを助ける番です。

ぜひ、こちらから値引き情報を投稿してください!

オススメの中古車一括買取査定サイトランキング!!

中古車一括買取査定ランキング1位かんたん車査定ガイド(無料)

東証第一部上場の株式会社エイチームが運営する一中古車括買取サイトが「かんたん車査定ガイド」です。信頼できる50社以上の買取業者の中から、あなたに最適な最大10社への一括査定依頼ができます。エイチームは引っ越しの一括査定「引越し侍」なども運営しており、一括査定サイトとしては業界最大手なので、安心してご利用いただけます。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング2位カービュー愛車無料一括査定(無料)

皆さんおなじみの車情報SNSのみんカラを運営しているカービューの愛車無料一括査定サイトです。ガリバーやアップルなどの中古車買取業者の中から、あなたにあった買取業者を厳選し、最大8社からの買取金額の見積もりを受けられます。これまでに380万人が利用しているので、安心ですね。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

中古車一括買取査定ランキング3位ズバット車買取比較(無料)

「ズバット車買取比較」は東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーが運営。かんたん車査定ガイドよりも協賛買取業者の数が多く、150社以上の中から、エリアや条件に合わせ、最大10社へ査定依頼が可能です。

▼ こちらをクリック ▼

あなたの車の価値を無料査定!

▲ こちらをクリック ▲

そのまま下取りに出したら、損するかも・・・? あなたの車の価値はいくら?無料査定!