WRX S4,WRX STI,スバル

WRX S4とSTIの違いはトランスミッションだけじゃないよ!っていうお話

30 8月 , 2014  

WRX STI & S4
ついに国内正式発表されたWRX S4とSTIですが、その主な違いはトランスミッション。
WRX STIは6速MT、S4はCVTという違いが一番大きな違いで、サーキットでのスポーツ走行を楽しむなら断然MTのWRX STIがいいでしょうが、MTで街乗りや買い物するにはちょっと大変なので、普段使いも考えるならWRX S4を選ぶ、という形になるでしょう。

でも、違いはそれだけじゃないみたいです。

でも、それだけじゃありません。デフが違うんですよ、センターデフが

WRX STIとS4のデフの違い

「S4」にはVTD-AWDと呼ぶ、前45:後55の前後トルク配分を基本に可変制御するシステムを採用。対して「STI」には機械式と電子制御の2つのデフを組み込みトルク配分を前41:後59から前後直結状態までコントロールして走りに応じたトラクションやハンドリングを作る凝りまくりの「DCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)」を組み込んでいるんです。そのうえフロントにヘリカルLSD、リヤにトルセンLSDまで装着。限界領域になれば、違いは明確にわかることでしょう。

さらにいえば、「STI」では標準車でも倒立式ダンパーを使っているのをはじめ、パワーステアリングをフィーリング重視の油圧式(「S4」は電動式)とするなどハンドリングでも差別化。「STI」はよりシャープな味付けになっています。

そして最後に、忘れちゃいけないのがブレーキ。「STI」はフロントが対向4ポット、リヤに対抗2ポットのキャリパーを組み合わせたブレンボ製ブレーキを採用。そして、パーキングブレーキは「S4」がスイッチ操作の電動式なのに対してコンベンショナルなサイドレバー式となっているのです。これが何を意味するのか? サイドブレーキを使った、いわゆるサイドターンができるのは「STI」だけってことなのです。

というわけで『「STI」にするか「S4」か?』で悩んだ時には思い出してください。サイドターンをするつもりなら、絶対に「STI」を選ぶべきですよ。

【最大65万円損してるかも?】新しい車に買い換える前に、今の車の一括査定を

新しい車を買うときって、ワクワクしますよね。「よしこの車を買おう」って思ってディーラーで商談してる時に「新しい車の値引き額」にばかり目が行きがちです。

でも、実は、一番重要なのが「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」だったりするんですよ。

僕自身、下取り価格10万円と言われた13年落ちのレガシィB4が買取専門店で30万円で買い取ってもらえた経験があります。それ以降、車を買い換える友人には、必ず一括価格査定を申し込む事を進めています。

実際に65万円も査定額に差が出た、という事例もあります。

今の車の買取価格が高くなれば、その分新しい車の実質的な値引きになりますし、浮いたお金でエアロ等のオプションを追加したりも出来ますよね。ディーラーに行く前に、まずは一括査定を試してみてください。

一括査定は無料なので、買取価格が下取りと変わらなければそのままディーラーに買取に出せばいいだけですから、まったくリスクもありませんし、申し込んでおいて絶対に損はしません

そのまま下取りに出していいの?最大65万円損してるかも? あなたの車の価値はいくら?無料査定!

新車ではなく、未使用車という選択肢も?

「この車欲しいけど、高くて手がでないんだよなぁ…」なんて諦めてませんか?
「欲しい車が4ヶ月待ちの人気車で次の車検に納期が間に合わない」なんて悩みありませんか?

新車ではなく、未使用車や低走行車という選択肢があります。

未使用車でも登録しただけで新車よりも値段は安くなりますし、在庫があれば納車も時間がかかりません。

なびくる+は、そういう未使用車などの非公開な中古車を探してくれるサービスです。カーセンサーやgooなどで探しても良いんですが、時間が無かったり面倒だっていう人にオススメです。

なびくる+で未使用車や低走行車が探せます。非公開の中古車を探す

,

この記事がオモシロイと思ったらシェアしてね!

今後の更新情報を受け取ろう!!



Comments are closed.

人気車種の新車値引き価格情報

そのまま下取りに出したら、損するかも・・・? あなたの車の価値はいくら?無料査定!