12

その他

パイオニアがandroidOS搭載のルームミラー型LTE内蔵ナビゲーション端末を年度内に発売!

30 9月 , 2014  

12
CarWatchによると、パイオニアがLTE内蔵のルームミラー型車載装置を2014年度内に発売予定だと報道されています。

この「ミラー型テレマティクス端末」はLTE回線を使って常時ネットワークに接続し、音声対話型ドライブエージェントサービスを使うことで、ドライバーが必要とする情報(施設、渋滞、天気、ニュース等)を入手できるほか、ナビ機能を操作できる。

搭載する液晶は、ハーフミラータイプの5型静電式タッチパネル付き液晶。バックミラーに容易に取り付けることができ、別売のバックカメラを接続してバックモニターとして使用することもできる。

準天頂衛星「みちびき」にも対応したGNSS(全地球型測位システム)、ジャイロ/加速度センサー、衝撃検知時に前方画像を録画するドライブレコーダーを搭載。約1/3ほどのエリアが液晶表示可能で、本体を上下逆に取り付ければ、液晶表示を上下逆転。右ステアリング仕様、左ステアリング仕様、いずれのクルマにも対応する。

回線契約はNTTドコモの「デバイスプラス300」対象機種予定のため、NTTドコモと主回線契約している場合、お得な価格で利用できるという。Wi-Fiアクセスポイント機能も持つため、タブレット端末などをWi-Fi接続して、車内でのネット利用が可能となる。

搭載OSは未定としているものの、画面表示を見る限りは明らかにAndroidOSを搭載しているため、このままAndroid搭載で発売されると思われます。
マツダコネクトがまともに使えないなら、代わりにこれをミラーに設置して代用するのもありかもしれませんね。

03

04

05

06

07

【最大65万円損してるかも?】新しい車に買い換える前に、今の車の一括査定を

新しい車を買うときって、ワクワクしますよね。「よしこの車を買おう」って思ってディーラーで商談してる時に「新しい車の値引き額」にばかり目が行きがちです。

でも、実は、一番重要なのが「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」だったりするんですよ。

僕自身、下取り価格10万円と言われた13年落ちのレガシィB4が買取専門店で30万円で買い取ってもらえた経験があります。それ以降、車を買い換える友人には、必ず一括価格査定を申し込む事を進めています。

実際に65万円も査定額に差が出た、という事例もあります。

今の車の買取価格が高くなれば、その分新しい車の実質的な値引きになりますし、浮いたお金でエアロ等のオプションを追加したりも出来ますよね。ディーラーに行く前に、まずは一括査定を試してみてください。

一括査定は無料なので、買取価格が下取りと変わらなければそのままディーラーに買取に出せばいいだけですから、まったくリスクもありませんし、申し込んでおいて絶対に損はしません

そのまま下取りに出していいの?最大65万円損してるかも? あなたの車の価値はいくら?無料査定!

新車ではなく、未使用車という選択肢も?

「この車欲しいけど、高くて手がでないんだよなぁ…」なんて諦めてませんか?
「欲しい車が4ヶ月待ちの人気車で次の車検に納期が間に合わない」なんて悩みありませんか?

新車ではなく、未使用車や低走行車という選択肢があります。

未使用車でも登録しただけで新車よりも値段は安くなりますし、在庫があれば納車も時間がかかりません。

なびくる+は、そういう未使用車などの非公開な中古車を探してくれるサービスです。カーセンサーやgooなどで探しても良いんですが、時間が無かったり面倒だっていう人にオススメです。

なびくる+で未使用車や低走行車が探せます。非公開の中古車を探す

, ,

この記事がオモシロイと思ったらシェアしてね!

今後の更新情報を受け取ろう!!



Comments are closed.

人気車種の新車値引き価格情報

そのまま下取りに出したら、損するかも・・・? あなたの車の価値はいくら?無料査定!