ドアパネルに埋め込まれたモニターでサイドミラーを確認できる Photo By cliccar.com

その他

【徹底解説】6/18に解禁になったミラーレス車って何?メリットとデメリットも。

22 6月 , 2016  

国土交通省は6月18日にミラーレス車の製造を解禁しました。

ミラーレス車とは?

ミラーレスというと、コンパクトな一眼レフカメラを思い浮かべる方が多いと思いますが、カメラの話ではありません。

 

車には安全確保や視認性確保の為にルームミラーやサイドミラー等の鏡がありますよね。

これらのミラーを「カメラと液晶に置き換えてしまおう」、というのがミラーレス車です。

ミラーレスなコンセプトカー マツダ RX-VISIONの例

ミラーレスなコンセプトカー マツダ RX-VISIONの例

ルームミラーについては、日産のエルグランドやエクストレイルに搭載されたスマートルームミラー等もありましたが今回解禁になったのは、サイドミラーも含めたすべてのミラーが対象。

もともとは鏡面の面積や視認エリアなど詳細に条件が決まっていたため、電子化は出来ませんでした。状況が変わったのは去年11月。

国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)がミラーの代用範囲拡大を決定したことで、日本国内でも国土交通省が自動車の保安基準を改定

ルームミラーだけではなく、自動車の全てのミラーを「カメラ」と「モニター」に代用することを認める事になったのです。

フォルクスワーゲンのディーゼルハイブリッド車 XL1もミラーが無いのが分かる Photo By autoblog.com

フォルクスワーゲンのディーゼルハイブリッド車 XL1もミラーが無いのが分かる Photo By autoblog.com

ドアパネルに埋め込まれたモニターでサイドミラーを確認できる Photo By cliccar.com

ドアパネルに埋め込まれたモニターでサイドミラーを確認できる Photo By cliccar.com

ミラーレス車のメリットは?

今回解禁されたミラーレス車を導入すると、どんなメリットがあるのか、まとめてみました。

  • サイドミラーでは難しかった死角を減らす事が可能
  • 雨の日の水滴の影響が減り、視界がクリア
  • 飛び出たミラーがなくなることでデザインの制限が減り、斬新なエクステリアデザインが生まれる可能性も?

広角レンズ等を使うことで、死角を減らせるのは大きなメリットです。

日産のアラウンドビューモニターなら空の上から見たような視点で死角を確認できる

日産のアラウンドビューモニターなら複数カメラの映像を合成することで、空の上から見たような視点で死角のない周辺確認ができる

また、日産のアラウンドビューモニターの様に複数のカメラの映像を合成することで、死角をゼロにすることも不可能ではありません。

雨の日は水滴でミラーが見えにくいことも Photo By photozou.jp

雨の日は水滴でミラーが見えにくいことも Photo By photozou.jp

また、雨の日は、サイドガラスについた水滴が邪魔で車外のサイドミラーが見づらいという問題もミラーレス化で解消されます。

 

BMW i8のミラーレスデザイン Photo By youtube.com

BMW i8のミラーレスデザイン Photo By youtube.com

また、ミラーの出っ張りがなくなることで、新しいエクステリアデザインが生まれる可能性も大いにあると思います。

デザイン面だけでなく、空気抵抗を減らせるのも大きいかもしれませんね。

ミラーレス車のデメリットは?

一方、モータージャーナリストの国沢さんはミラーレス車のデメリットについても言及しています。

要約すると、以下のとおり。

  • レンズの面積がミラーよりも小さいため、直接水滴や泥等の汚れがつくと視界が大きく乱れる
  • カメラの取り付け位置が難しい。視界を保つには結局ミラーみたいに張り出さないといけない。
  • 人の目と同等の反応速度・分解能力(解像度)のカメラ・モニタを構築すると、50万円位かかってしまう

主にこの3つの理由でミラーレス車は現実的ではなく、国土交通省の一人相撲だ、と批判しています。

バックカメラについてしまった水滴 Photo By minkara.carview.co.jp

バックカメラについてしまった水滴 Photo By minkara.carview.co.jp

 

水滴のせいでなにも見えなくなってしまったバックカメラの例 Photo By webry.info

水滴のせいでなにも見えなくなってしまったバックカメラの例 Photo By webry.info

たしかに、雨の日のバックカメラに水滴がついてしまうと、カメラ全体の表示がゆがんでしまい全く使い物にならない、なんて経験もありました。

それに、コストがかかりすぎてしまうようであれば、なかなか普及は難しいのかもしれませんね。

いずれにしても、規制が緩和されるのはものづくりにとっていいことです。

このままミラーレスのまま市販化してほしいRX-VISIONの美しいシルエット Photo By yahoo.co.jp

このままミラーレスのまま市販化してほしいRX-VISIONの美しいシルエット Photo By yahoo.co.jp

RX-VISIONのコンセプトではミラーレスを採用していただけに、ぜひミラーレスのまま発売までこぎつけてもらいたいものです。

【最大65万円損してるかも?】新しい車に買い換える前に、今の車の一括査定を

新しい車を買うときって、ワクワクしますよね。「よしこの車を買おう」って思ってディーラーで商談してる時に「新しい車の値引き額」にばかり目が行きがちです。

でも、実は、一番重要なのが「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」だったりするんですよ。

僕自身、下取り価格10万円と言われた13年落ちのレガシィB4が買取専門店で30万円で買い取ってもらえた経験があります。それ以降、車を買い換える友人には、必ず一括価格査定を申し込む事を進めています。

実際に65万円も査定額に差が出た、という事例もあります。

今の車の買取価格が高くなれば、その分新しい車の実質的な値引きになりますし、浮いたお金でエアロ等のオプションを追加したりも出来ますよね。ディーラーに行く前に、まずは一括査定を試してみてください。

一括査定は無料なので、買取価格が下取りと変わらなければそのままディーラーに買取に出せばいいだけですから、まったくリスクもありませんし、申し込んでおいて絶対に損はしません

そのまま下取りに出していいの?最大65万円損してるかも? あなたの車の価値はいくら?無料査定!

新車ではなく、未使用車という選択肢も?

「この車欲しいけど、高くて手がでないんだよなぁ…」なんて諦めてませんか?
「欲しい車が4ヶ月待ちの人気車で次の車検に納期が間に合わない」なんて悩みありませんか?

新車ではなく、未使用車や低走行車という選択肢があります。

未使用車でも登録しただけで新車よりも値段は安くなりますし、在庫があれば納車も時間がかかりません。

なびくる+は、そういう未使用車などの非公開な中古車を探してくれるサービスです。カーセンサーやgooなどで探しても良いんですが、時間が無かったり面倒だっていう人にオススメです。

なびくる+で未使用車や低走行車が探せます。非公開の中古車を探す

この記事がオモシロイと思ったらシェアしてね!

今後の更新情報を受け取ろう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気車種の新車値引き価格情報

そのまま下取りに出したら、損するかも・・・? あなたの車の価値はいくら?無料査定!