その他

【体験談】自動車保険の最安値はどこ?一括見積りサイトで比較してみた【2014年版】

12 12月 , 2014  

【追記】こちらは2014年度の記事です。2015年度の自動車保険料金比較はこちら

自動車保険比較して最安値の保険会社を探してみた
今年頭に購入したマツダ アクセラ(BM)の自動車保険の更新のタイミングになったので、そのまま継続するのか、乗り換えるのかを検討していました。

これまでは、アメリカンホーム保険会社にて自動車保険に加入していたのですが、乗り換えによって保険料が安くなれば一番安いところに乗り換えよう、ということで、一括見積もりサイトのインズウェブを利用して比較してみました。

今回比較した自動車保険会社一覧

  • 三井ダイレクト損害保険株式会社
  • SBI損害保険株式会社
  • イーデザイン損害保険株式会社
  • アクサ損害保険株式会社
  • ソニー損害保険株式会社
  • チューリッヒ保険会社
  • アメリカンホーム保険会社
  • セゾン自動車火災

この8社の保険会社で自動車保険料を比較してみました。

※今回の比較結果は車種や等級・記名被保険者・家族構成などによって変わりますので、必ずしもこの結果がすべての方に当てはまるわけではありません。参考程度に御覧ください。

見積もりの条件

今回の見積もりの際の基本条件は以下のとおりで、一括見積りを申請しました。

年齢条件 26歳以上補償
等級

(事故有係数適用期間)
10等級
(0年)
対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
人身傷害補償 3,000万円
搭乗者傷害 1,000万円
車両保険 210万円
免責金額(1回目) 5万円
免責金額(2回目以降) 10万円

保険料が安かった順にご紹介

第1位 SBI損保 61,090円
第2位 イーデザイン損保 61,310円
第3位 三井ダイレクト 63,170円
第4位 チューリッヒ 63,770円
第5位 アクサダイレクト 73,680円
第6位 ソニー損保 84,660円
第7位 (大人の自動車保険)セゾン自動車火災 87,860円
第8位 アメリカンホーム保険会社 96,250円

もともと契約していたアメリカンホームダイレクトが一番高かったのが衝撃的でした・・・。
最初に別の車で加入した時は一番安かったんですが、やはりもろもろの条件によって最安の保険会社は変わってしまうので、毎年面倒臭がらずにちゃんと見積もりを比較して毎年契約をみなおすことが重要なんだな、と感じました。

SBI損保さんがここまで安かったのは、新車割引が効いたんだと思います。
というわけで、アメリカンホーム保険からSBI損保に乗り換えることにしました。

みなさんも、自動車保険の更新の際は、ぜひ複数社の見積もりをとって、一番安い保険会社を見つけてくださいね!

オススメの一括見積りサイト

自動車保険の会社は全部で20社以上あります。ご自身で全部に見積もり依頼をするのって、すごく大変だと思いませんか?
そんなあなたにオススメなのが、自動車保険の一括見積もりサイトです。

あなたの車の情報や、車を運転するかたの情報、希望の保険内容を一度入力するだけで、複数の自動車保険会社から一括で見積もりを取ることができるので便利です。
もちろん無料で使えるので、気軽に見積もりしてみてくださいね。

自動車保険一括見積もりおすすめランキング1位インズウェブ(無料)

最短5分で最大22社の保険会社に一括で見積もりができます。3万円以上安くなった、という人が30%以上います!
SBIホールディングスが運営しているので、安心!

▼ こちらをクリック ▼

自動車保険最安を無料で探す!

▲ こちらをクリック ▲

自動車保険一括見積もりおすすめランキング2位保険スクエアBang!(無料)

最大21社の保険会社に一括で見積もりができます。一括見積りした方の平均で2,5000円も自動車保険が安くなっています!車買取比較でもおなじみのウェブクルーが運営しているので、安心!

▼ こちらをクリック ▼

自動車保険最安を無料で探す!

▲ こちらをクリック ▲

【最大65万円損してるかも?】新しい車に買い換える前に、今の車の一括査定を

新しい車を買うときって、ワクワクしますよね。「よしこの車を買おう」って思ってディーラーで商談してる時に「新しい車の値引き額」にばかり目が行きがちです。

でも、実は、一番重要なのが「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」だったりするんですよ。

僕自身、下取り価格10万円と言われた13年落ちのレガシィB4が買取専門店で30万円で買い取ってもらえた経験があります。それ以降、車を買い換える友人には、必ず一括価格査定を申し込む事を進めています。

実際に65万円も査定額に差が出た、という事例もあります。

今の車の買取価格が高くなれば、その分新しい車の実質的な値引きになりますし、浮いたお金でエアロ等のオプションを追加したりも出来ますよね。ディーラーに行く前に、まずは一括査定を試してみてください。

一括査定は無料なので、買取価格が下取りと変わらなければそのままディーラーに買取に出せばいいだけですから、まったくリスクもありませんし、申し込んでおいて絶対に損はしません

そのまま下取りに出していいの?最大65万円損してるかも? あなたの車の価値はいくら?無料査定!

新車ではなく、未使用車という選択肢も?

「この車欲しいけど、高くて手がでないんだよなぁ…」なんて諦めてませんか?
「欲しい車が4ヶ月待ちの人気車で次の車検に納期が間に合わない」なんて悩みありませんか?

新車ではなく、未使用車や低走行車という選択肢があります。

未使用車でも登録しただけで新車よりも値段は安くなりますし、在庫があれば納車も時間がかかりません。

なびくる+は、そういう未使用車などの非公開な中古車を探してくれるサービスです。カーセンサーやgooなどで探しても良いんですが、時間が無かったり面倒だっていう人にオススメです。

なびくる+で未使用車や低走行車が探せます。非公開の中古車を探す

この記事がオモシロイと思ったらシェアしてね!

今後の更新情報を受け取ろう!!


Comments are closed.

人気車種の新車値引き価格情報

そのまま下取りに出したら、損するかも・・・? あなたの車の価値はいくら?無料査定!