CX-3

CX-3,マツダ

CX-3の簡易カタログと簡易料金表が公開

19 1月 , 2015  

Gallery

発売まで約1ヶ月を切ったCX-3の情報が続々登場しています。
CX-3

今回は、店頭で商談用に配布されている簡易カタログと、簡易オプション料金表が公開されていますので、ご紹介します。

CX-3の簡易カタログ

CX-3カタログ

nbRvDf
以前からカラーラインナップも公開されておりましたが、用意されているカラーは以下のとおりです。

  • ソウルレッドプレミアムメタリック
  • セラミックメタリック
  • ダイナミックブルーマイカ
  • ディープクリスタルブルーマイカ
  • ジェットブラックマイカ
  • メテオグレーマイカ
  • チタニウムフラッシュマイカ
  • クリスタルホワイトパールマイカ

シルバーに近いホワイト色のセラミックメタリックが新色としてラインナップに追加されています。

その他カタログ画像は以下をごらんください。

全車主要装備

CX-3全車主要装備

  • DSC & TCS
  • 外部接続ハブ(USB x2 、AUXミニジャック、ナビゲーション用SD専用スロット)
  • アドバンスドキーレスエントリーシステム(アンサーバック機能、リアゲート連動)&アドバンストキーx2
  • SRSエアバッグシステム カーテン& フロンドサイド
  • バニティミラー(運転席/助手席)
  • ヒルローンチアシストHLA
  • マップランプ(フロント)
  • エマージェンシーシグナルシステム(ESS)
  • トノカバー
  • 電動格納リモコン式カラードドアミラー
  • シートバックポケット(助手席)
  • LEDドアミラーウィンカー
  • アシストグリップ(運転席、助手席、後部座席)
  • ハイマウントストップランプ
  • リアルームランプ
  • ヒーテッドドアミラー
  • リアシート6:4分割可倒式シートバック
  • 全面UVカットガラス
  • フルオートエアコン(花粉除去フィルター)
  • 熱線吸収グリーンガラス(フロントガラス、フロントドア)
  • 7インチWVGAセンターディスプレイ&コントロールユニット
  • バックガイドミニター
  • 6スピーカー
  • マヅラーカッター
  • シャークフィンアンテナ(ラジオ用)
  • インテリジェントドライブマスター(i-DM)
  • イモビライザー(国土交通省認可品)
  • ステアリング・シフトノブ・パーキングブレーキ本皮巻
  • プッシュスタートシステム
  • ステアリングオーディオリモートコントロールスイッチ

CX-3 XD Touring追加主要装備

CX-3 XD追加装備

  • LEDヘッドランプ
  • アダプティブフロントライティングシステムAFS
  • フロントグリル(シルバー)
  • ヘッドランプユニット内シグネイチャー+EDランプ
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • LEDリアコンビランプ&ユニット内シグネチャーLEDランプ
  • ステアリングシフトスイッチ(AT車)
  • オートライトシステム
  • 例年サーワイパー(フロント)感度調整式

CX-3 XD Touring L Package 追加主要装備(XD Touring装備に追加分のみ)

  • 車線逸脱警報システム(LDWS)
  • ハイビームコントロールシステム(HBC)
  • スマートブレーキサポート (SBS)
  • LEDフロントフォグランプ
  • サイドガーニッシュ(ブライト)

アドバンスドパッケージ(仮称)

アドバンスドパッケージとして、ピストンダンパーがオプションとなっています。

4WDモデルの正式な価格も流出しています。

CX-3 価格表(4WD)

これによると、

XD 6MT 4WD 2,592,000円〜
XD 6AT 4WD 2,592,000円〜
XD Touring 6MT 4WD 2,818,800円〜
XD Touring 6AT 4WD 2,818,800円〜
XD Touring L Package 6MT 4WD 3,024,000円〜
XD Touring L Package 6AT 4WD 3,056,400円〜

となっており、基本6MTと6ATは同価格ですが、XD Touring L Packageのみ、ATモデルが割高となっております。

続報が入り次第、また情報を追加します。

【最大65万円損してるかも?】新しい車に買い換える前に、今の車の一括査定を

新しい車を買うときって、ワクワクしますよね。「よしこの車を買おう」って思ってディーラーで商談してる時に「新しい車の値引き額」にばかり目が行きがちです。

でも、実は、一番重要なのが「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」だったりするんですよ。

僕自身、下取り価格10万円と言われた13年落ちのレガシィB4が買取専門店で30万円で買い取ってもらえた経験があります。それ以降、車を買い換える友人には、必ず一括価格査定を申し込む事を進めています。

実際に65万円も査定額に差が出た、という事例もあります。

今の車の買取価格が高くなれば、その分新しい車の実質的な値引きになりますし、浮いたお金でエアロ等のオプションを追加したりも出来ますよね。ディーラーに行く前に、まずは一括査定を試してみてください。

一括査定は無料なので、買取価格が下取りと変わらなければそのままディーラーに買取に出せばいいだけですから、まったくリスクもありませんし、申し込んでおいて絶対に損はしません

そのまま下取りに出していいの?最大65万円損してるかも? あなたの車の価値はいくら?無料査定!

新車ではなく、未使用車という選択肢も?

「この車欲しいけど、高くて手がでないんだよなぁ…」なんて諦めてませんか?
「欲しい車が4ヶ月待ちの人気車で次の車検に納期が間に合わない」なんて悩みありませんか?

新車ではなく、未使用車や低走行車という選択肢があります。

未使用車でも登録しただけで新車よりも値段は安くなりますし、在庫があれば納車も時間がかかりません。

なびくる+は、そういう未使用車などの非公開な中古車を探してくれるサービスです。カーセンサーやgooなどで探しても良いんですが、時間が無かったり面倒だっていう人にオススメです。

なびくる+で未使用車や低走行車が探せます。非公開の中古車を探す

, ,

この記事がオモシロイと思ったらシェアしてね!

今後の更新情報を受け取ろう!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気車種の新車値引き価格情報

そのまま下取りに出したら、損するかも・・・? あなたの車の価値はいくら?無料査定!